ハリモアとマイナチュレをあらゆる角度から徹底比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナチュレとハリモアを徹底比較

女性の無添加育毛剤として有名なハリモアとマイナチュレを、成分・口コミ・私が使ってみた感想・価格コスパ・定期コースのシステムなどなど、あらゆる角度から徹底的に比較しました!
あなたの育毛剤選びの参考になれば幸いです♪

とにかく徹底的に比較したら、とても長ーい記事になってしまいました(苦笑)
ですので、気になる項目がある方はこちらの目次をどうぞ!

Contents

結論から言うと…マイナチュレ育毛剤がおススメです

「御託は良いからどっちが良いのか端的に知りたい!」という方のために、結論を先にお伝えしておきましょう。
薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をあらゆる角度から徹底比較した結果、マイナチュレ育毛剤がおススメです!

マイナチュレとハリモアだったら、マイナチュレがおすすめ

マイナチュレ育毛剤の方が、コスパが良いだけではなく、公式サポートの手厚さ、定期コースのシステム、最新キャンペーンの内容から判断しても魅力的でした。
私が実際に使った感想から比較してみても、使い勝手が良かったのはマイナチュレ育毛剤でした。
ただし一般の口コミの比較では、薬用ハリモアの方が効果を感じたという意見が多かったです。

それでは2つの育毛剤をおススメしたい人別にご紹介します。
薬用ハリモアは、価格が少々高くなっても、抜け毛予防や育毛・発毛効果、髪のハリコシなど効果を重視したいという女性の方におすすめです。
一方のマイナチュレ育毛剤はコスパと定期コースのシステムやキャンペーン内容を重視しで、とにかく使いやすい育毛剤をお探しの方におすすめです。

これから2つの育毛剤の比較を詳しく行っていくので、どっちが自分に合っているのか吟味してみてくださいね♪

育毛剤の効果を何よりも重視したい方は、薬用ハリモアの公式サイトもぜひご覧下さい。
【初回半額】薬用ハリモアのキャンペーンサイトはこちら

育毛剤のコスパや使い勝手の良さを重視したい方は、マイナチュレ育毛剤の公式サイトもぜひチェックしてみてください。
【初回980円】マイナチュレ育毛剤のキャンペーンサイトはこちら

ハリモアとマイナチュレの商品情報

まず薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の商品情報を軽く紹介していきます。
それぞれの商品情報を分かりやすいように、表にしてみました。

ハリモアマイナチュレ
1本の値段単品7,037円(税込7,600円)5,095円(税込5,503円)
定期初回3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)
容量120ml120ml
特典・2回目以降は5,370円(税込5,800円)
・30日間返金保証
・全国送料無料
・2回目以降4,457円(税込4,813円)
・180日間返金保証
・送料無料
・マイナチュレシャンプー1本プレゼント

(表:2017年4月時点のハリモアとマイナチュレの商品情報)

マイナチュレ育毛剤は、定期コースの初回価格が980円というのがすごいですね!
特典内容の中身は、マイナチュレの方が良い内容ですね。
容量は2本とも同じなので、商品情報を見る限りマイナチュレ育毛剤の方が魅力的に感じます

ちなみに、それぞれの育毛剤を一言で表すと…

ハリモアは、
低刺激でありながら頭皮環境の改善と美髪に高い効果が出る栄養たっぷりの美容液のような育毛剤

マイナチュレは、
コスメ頭皮ケア部門で41週ランクインした実績を持つ女性の髪と頭皮への優しさを追求した人気育毛剤

と言う感じです。

それではいよいよ次の見出しから、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をあらゆる角度から徹底比較していきます!

ハリモアとマイナチュレの成分を比較

マイナチュレとハリモアの成分を比較

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の成分を比較していきます。

まず有効成分、保湿効果の高さ、フケ・かゆみ、頭皮を柔らかくするなどの効果が期待できるのはどちらなのか見ていきます。
さらに敏感肌、感想肌、産後抜け毛、更年期、30代、40代、50代などの女性に向いているのはどちらなのかも見ていきましょう。
最後に頭皮湿疹、白髪予防に対する効果や、より無添加な方や、旧指定表示成分の有無なども比較していきます。

成分のより詳しい解析は、別記事で商品ごとに行っている物があるので、ぜひそちらもご覧ください♪

有効成分がより多機能な育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の有効成分を比較して、どちらがより多機能な育毛剤なのか見ていきます。
まずは2つの育毛剤の有効成分を表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
有効成分名・ニンジンエキス
・センブリエキス
・グリチルリチン酸2K
・センブリ抽出液
・グリチルリチン酸2K
・酢酸DL-α-トコフェロール

(表:ハリモアとマイナチュレの有効成分)

有効成分の数は、ハリモアもマイナチュレ共に3種類が配合されています。
グリチルリチン酸2Kは、どちらの育毛剤にも配合されていますね。

それでは次に、それぞれの有効成分の効果を見ていきましょう。

 ハリモアマイナチュレ
有効成分の効果・消炎効果
・血行促進効果
・毛根の細胞活性効果
・消炎効果
・血行促進効果
・代謝活性効果
・抗酸化作用
・毛根の細胞活性効果

(表:ハリモアとマイナチュレの有効成分の効果)

表より、有効成分の効果の数は、薬用ハリモアが3つ、マイナチュレ育毛剤が5つでした。
この事から、有効成分が多機能な女性育毛剤はマイナチュレだと言えます。

頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?

有効成分の次は、頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどちらかを見ていきましょう!
マイナチュレ育毛剤とハリモア、どちらが保湿効果が期待できるんでしょう?

成分をただ見ただけではなかなか分からないので、私なりに独自ルールを決めてみました。
それは、成分を以下の2つに分けること。

  1. 頭皮に潤いを与える成分
  2. 頭皮の水分が蒸発しないように保護する成分

頭皮って肌と同じ皮膚なので、頭皮に潤いを与えて、さらに水分が蒸発してしまわないように蓋をするのが大切だと思うんです。
だからこそ、保湿成分がこの2つの役割を持った成分で構成されているかどうかを見たいと思います。

もし、該当成分が多い場合には、書籍「化粧品成分ガイド第6版」を元に、「高い保湿力」「優れた保湿力」と書かれているものが多い育毛剤を、保湿力が高そうな育毛剤として判断したいと思います。

頭皮に潤いを与える成分は、ハリモアのほうが良さそう

まず、頭皮に潤いを与える成分がこちら。

 ハリモアマイナチュレ
頭皮に潤いを与える成分ゴボウエキス
オリスエキス
★ジオウエキス
大豆エキス
★加水分解黒豆エキス
★水添大豆リン脂質
トウキエキス-1
水解シルク液
★オレンジ果汁
海藻エキス-1
キイチゴエキス
グレープフルーツエキス
トマトエキス
★キュウリエキス-1
マルトース・ショ糖縮合物
グルコシルヘスペリジン
クエン酸Na
ペンチレングリコール
BG
濃グリセリン
1,2-ペンタンジオール
1,3-ブチレングリコール
濃グリセリン
クエン酸ナトリウム
海藻エキス(1)
クロレラエキス
オウゴンエキス
ゴボウエキス
トリメチルグリシン
★DL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
ソルビット液
★L-セリン
★グリシン
★L-グルタミン酸
★L-アラニン
★L-リジン液
★L-アルギニン
★L-スレオニン
★L-プロリン
★ジオウエキス
★アロエエキス(2)
★キューカンバーエキス(1)
★セイヨウサンザシエキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアに配合される、頭皮に潤いを与える成分)

★マークがついているものが、書籍に「高い保湿力」とか「優れた保湿力」と書かれていた成分です。

実は、結構成分が似ているんですよね、ハリモアとマイナチュレって。
マイナチュレ育毛剤の1,2-ペンタンジオールはハリモアのペンチレングリコールのことだし、同じくマイナチュレの1,3-ブチレングリコールはハリモアのBGのことです。

それから、濃グリセリン、クエン酸ナトリウム(ハリモアはクエン酸Na表記)、海藻エキス、ジオウエキス、ゴボウエキス…それからキューカンバーエキス(ハリモアはキュウリエキス)も同じじゃないですかね。
まぁ、海藻エキスは原料を作っている会社がたくさんあるので、名前は同じで中身は別物ですっていう可能性もありますけど。

話は戻して、マイナチュレの★マークがついている成分は、13種類。
ハリモアの★マークがついている成分は5種類です。

どちらも十分と言う感じですが、数としてはマイナチュレの方が多いですよね。
だから、マイナチュレの方が潤いを与える成分が充実してそう…と、言いたいところですが!

2016年あたりに、ハリモアの成分はほとんどがナノ化されました。
上の表に書いてある成分では、クエン酸Na以外は全部ナノ化されています。

ナノ化されて分子が小さいと言うことは、浸透しやすいと言うこと。
と言うことは、ハリモアの方が頭皮に潤いを与える効果は高いと言えるのではないでしょうか!

ナノ化に関して懸念する声もありますが、問題は何の成分がナノ化されているかですよね。
ハリモアはそもそもパラベンなどの防腐剤を使用していませんし、配合量が定められている有効成分、キレート剤、pH調整剤や増粘剤の役割を持つ成分はナノ化されていません。
頭皮への効果を持つ成分をナノ化しているため、私はハリモアのナノ化成分については良い方向にとらえて良いのではないかなと思います。

もし、ナノ化と言うもの自体が苦手な場合には、ハリモアではなくマイナチュレや、他のナノ化されている成分が入っていない育毛剤を使うようにしてくださいね。

頭皮を保護する成分は、ハリモアの方が良い

次は、独自ルールの2番目、頭皮を保護する成分ですね。
これを表にしてみると…

 ハリモアマイナチュレ
頭皮を保護する成分大豆油
椿油
ホホバ油
該当成分なし

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアに配合される、頭皮を保護する成分)

なんと、ハリモアの方にしか入っていませんでした!
さらに、頭皮に潤いを与える成分に続き、この頭皮を保護する成分である大豆油、椿油、ホホバ油も、すべてナノ化されています。

ですので、この2つの結果から、
ハリモアの方が保湿効果は高そう
と言えると思います。

フケ・かゆみが出やすい女性に向いている育毛剤はどっち?

マイナチュレ育毛剤とハリモア、フケやかゆみが出やすい女性に向いている育毛剤はどちらなんでしょう?

これを比較するには、それぞれの育毛剤のフケ・かゆみ予防成分を見ていきたいと思います。
該当成分を表にしてみると、こんな感じです。

 ハリモアマイナチュレ
フケ・かゆみ予防成分◆ニンジンエキス
◆センブリエキス
◆グリチルリチン酸2K
オリスエキス
トウキエキス-1
◇ブナエキス
◇シコンエキス
シャクヤク浸出液
◇茶エキス-1
◇ビワ葉エキス
トマトエキス
◆グリチルリチン酸ジカリウム
◆酢酸DL‐α‐トコフェロール
◆センブリ抽出液
◇ビワ葉エキス
ボタンエキス
シナノキエキス
ヒキオコシエキス(1)
オウゴンエキス
◇ローマカミツレエキス
アルニカエキス
◇オドリコソウエキス
◇セイヨウキズタエキス
◇ニンニクエキス
ローズマリーエキス
セージエキス
◇セイヨウノコギリソウエキス
タイムエキス(2)
ニンジンエキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアに配合される、フケ・かゆみ予防成分)

成分の頭に◆マークがついているものは、有効成分です。
マイナチュレ育毛剤もハリモアも有効成分すべてが該当していますね。

そして、◇マークがついているものは、フケ・かゆみ予防に特化した成分であることを表しています。
端的に数で言えばマイナチュレですけど、そこはハリモアのナノ化がやはり強い。

ハリモアは上記表に書いてある成分のうち、有効成分以外はすべてナノ化して配合しているんですね。

ですので、
ハリモアの方がフケ・かゆみが出やすい女性に向いている
と言えそうです。

成分の由来や効果については、それぞれこちらのページで詳しく書いています。
マイナチュレ育毛剤の成分解析はこちら
ハリモアの成分解析はこちら

頭皮を柔らかくしたい女性に向いている育毛剤はどっち?

次は、硬い頭皮を柔らかい状態に導いてくれる成分についてみていきましょう!

頭皮を柔らかくするためには、頭皮マッサージが重要なのは、みなさんご存知ですよね。
その補助的な役割で育毛剤の血行促進成分と、保湿成分が役立ちます。
血行促進成分は頭皮の血の巡りを良くして、髪を作るための栄養を運びやすくしてくれますし、成分によっては末梢の血管まで運動を高めてくれる成分もあります。

そして保湿は、加齢によって乾燥し、硬くなりやすくなると言う理由から。
保湿成分は、上の見出し「保湿効果が高そうな育毛剤は?」でハリモアが保湿効果が高そうとの結果を出したので、そちらを参考にしたいと思います。
(精神的にナノ化が苦手な女性は、マイナチュレを選んでくださいね)
マイナチュレ育毛剤とハリモア、頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?

で、話を血行促進成分に戻して、マイナチュレ育毛剤とハリモアの血行促進成分を抜き出してみましょう!

 ハリモアマイナチュレ
血行促進成分★ニンジンエキス
★センブリエキス
トウキエキス-1
★酢酸DL‐α‐トコフェロール
★センブリ抽出液
ボタンエキス
アルニカエキス
◇オランダカラシエキス
マツエキス
セージエキス
◇ニンジンエキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアの血行促進成分)

★マークのついている成分が、それぞれの有効成分です。
それから◇マークがついているのが、有効成分以外で血行促進に特化している傾向がある成分です。

ハリモアの有効成分であるニンジンエキスって、マイナチュレ育毛剤にも入っているんですね!
それだけでもお得感があるし、◇マークのついている成分はマイナチュレ育毛剤の方だけ。

ハリモアのトウキエキスももちろん血行促進効果はあるんですが、主に保湿と肌荒れの改善と言った感じなんですよね。

と、言うことは、保湿に関してはハリモアの方が良さそうなので、
頭皮が硬くて乾燥がもひどい場合には、ハリモア
頭皮が硬くてそこまで乾燥している感じがない場合はマイナチュレ
がそれぞれ向いていると言えそうです。

成分の由来や効果については、それぞれこちらのページで詳しく書いています。
マイナチュレ育毛剤の成分解析はこちら
ハリモアの成分解析はこちら

敏感肌の女性に向いている育毛剤はどっち?

やっぱり、化粧品を自分の肌に合わせて買うように、育毛剤だって自分の肌質に併せたものを選びたいですよね。
じゃあ、敏感肌の女性に向いている育毛剤は、マイナチュレ育毛剤とハリモア、どちらなんでしょう?

敏感肌と言っても個人差があると思いますので、一つの基準として、下記の独自ルールを設けてみました。

  1. より添加物や旧指定表示成分が少ない
  2. NMF(天然保湿因子)やセラミドを補う成分が多い

1番を決めた理由は、やはり肌が敏感なので何が刺激になるか分からないし、成分的になるべく刺激が少ないものをおすすめしたい、と言う気持ちからです。
2番を決めた理由は、敏感肌やアトピー肌の人はNMF(天然保湿因子)やセラミドと言った肌のバリア成分が少ないと言われているためです。
頭皮も顔などの皮膚と同じように、NMFやセラミドを補えたらいいなと思って、そう決めました。

では、それぞれ見て行ってみましょうー!

1.添加物や旧指定表示成分は、ハリモアの方が刺激が少ない

添加物と旧指定表示成分は、それぞれこの記事の下の方に書いている見出しがあるので、そちらを参考に簡単な表を作りました。
マイナチュレ育毛剤とハリモア、より無添加な女性育毛剤はどっち?
マイナチュレ育毛剤とハリモア、より旧指定表示成分が入っていない女性育毛剤はどっち?

 ハリモアマイナチュレ育毛剤
添加物2/12項目該当4/12項目該当
旧指定表示成分該当成分なし酢酸DL-α-トコフェロール

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアの添加物一覧)

添加物は、マイナチュレ育毛剤が12項目中4項目。
フェノキシエタノール、エタノール、界面活性剤、旧指定表示成分が該当しています。
界面活性剤はポリオキシエチレン硬化ヒマシ油と言う非イオン(ノニオン)界面活性剤を使用していて、乳化剤の役割をしています。
マイナチュレ公式サイトにも書いているように、石油系の界面活性剤は私用していませんので、安心してくださいね。

旧指定表示成分は、酢酸DL-α-トコフェロールが該当していますね。
抗酸化作用や血行促進など優れた効果を持つ合成ビタミンEなんですが、まれにアレルギーを起こす人がいるとのことで、旧指定表示成分に分類されていました。

ハリモアの添加物は12項目中2項目
エタノールと界面活性剤が該当しています。
このハリモアの界面活性剤も、マイナチュレと同じポリオキシエチレン硬化ヒマシ油です。

単純に数で見れば、ハリモアの方が刺激が少ないと言えそうです。
では次にNMFやセラミドの辺りを見てみましょうー!

2.NMF(天然保湿因子)やセラミドを補う成分が良さそうなのは、ハリモア

では、独自ルールの2つ目、NMF成分とセラミド成分についての表をどうぞ。

 ハリモアマイナチュレ
NMF該当成分なしDL-ピロリドンカルボン酸ナトリウム液
L-セリン
グリシン
L-グルタミン酸
L-アラニン
L-リジン液
L-アルギニン
L-スレオニン
L-プロリン
セラミド
(同等成分を含む)
水添大豆リン脂質該当成分なし

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアに配合される、NMFとセラミド成分)

マイナチュレにはNMF(天然保湿因子)の主成分となるアミノ酸が多く入っていますね。
「L~」と頭に付くものがそうです。

対して、レフィーネナノビアはNMF成分は入っていないようです。

今度はセラミド成分を見てみると、マイナチュレは該当成分なし。
ハリモアは水添大豆リン脂質と言う成分が該当しています。
水添大豆リン脂質は、セラミドの役割である細胞間脂質と同等の効果があるそう。

ハリモアはNMF成分は入っていないにしろ、他にも保湿成分はたくさん入っていますよね。
だから、蓋をして水分が逃げないよう保護すると言う役割を考えると、細胞間脂質と同様の働きをする成分が入っているハリモアの方が良いのではと思えます。

と言うことで、結果は、1番、2番の結果から、
敏感肌により向いているのはハリモア
と言えそうです。

乾燥肌の女性に向いている育毛剤はどっち?

敏感肌ときたら…次は乾燥肌です!
マイナチュレ育毛剤とハリモア、乾燥肌の女性にとっては、どちらが向いているんでしょう?

乾燥肌の女性に合う育毛剤はどんな要素が揃っていると良いだろう?と考えましたが、やっぱり1番は保湿力ですよね。
もちろん、育毛成分がちゃんと入っていることが前提ですけどね。

そんなわけで保湿力の高い育毛剤はどちらか…と言うと、成分比較の上から2番目に書いた「保湿力が高そうな育毛剤はどっち?」で書いたので、それを参考にしたいと思います。
その見出しでは、頭皮を保湿する成分と頭皮の水分蒸発を防ぐために保護する成分、どちらも入っているハリモアの方が保湿力が高そうと言う結果になりました。
頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?

と言うことで、
乾燥肌の女性にはハリモア方が向いている
と言えると思います。

ただ、ハリモアは成分の大半をナノ化しているので、「ナノ化製品を避けてます!」と言う女性には、マイナチュレの方をおすすめします。

脂性肌の女性に向いている育毛剤はどっち?

敏感肌、乾燥肌…ときたら、次は脂性肌です。
マイナチュレ育毛剤とハリモアだったら、どちらが向いているんでしょう?

これを検証するために、マイナチュレ育毛剤とハリモア、それぞれの育毛剤の成分の中から、べたつきの予防成分・ニオイ予防成分・抗菌や静菌効果のある成分を抜き出してみました。
それがこちら。

 ハリモアマイナチュレ
べたつき予防成分該当成分なしアルニカエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ゴボウエキス
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
マツエキス
ローズマリーエキス
頭皮のニオイ予防成分茶エキス-1マツエキス
静菌・抗菌成分エタノール
無水エタノール
セイヨウキズタエキス
ニンニクエキス
ローズマリーエキス
セージエキス
サクラ葉抽出液
エタノール
タイムエキス(2)
ラベンダーエキス(1)
ノバラエキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアのべたつき予防・ニオイ予防・抗菌成分比較表)

べたつき予防成分については、ハリモアは該当なし。
そしてマイナチュレですが、記載の成分が一つになった原料が使われているのであれば、「オイリー肌の脂性抑制」と言う効果が期待できるんだそうです。
ただ、どの会社のどの原料を使っているかまでは消費者の私たちって判断できませんから、ここは予測でしか意見を書けません。
その点についてはご了承ください。

頭皮のニオイ予防成分は、ハリモアの茶エキスは個人的にイチオシ。
なぜかと言うと、化粧品成分検定に消臭成分として写真入りで載っているためです。
その本には限られた成分しか載っていないので、より効果を得られそうな印象を受けますね。
頭皮のべたつきって、皮脂が酸化してニオイにも繋がりますから、こういう成分が入っているとありがたいです。

最後、静菌・抗菌と言った成分ですが、マイナチュレは植物成分がメイン、ハリモアはエタノールのみ、ですね。
静菌・抗菌成分がどちらも入っていることには変わりありませんので、この項目だけで見るなら、個人の好みに分かれそう。。。

結論としては、ハリモアにはべたつき予防成分が入っていないので、
マイナチュレ育毛剤の方が脂性肌の女性に向いている
と言えそうです。

産後の抜け毛に向いている育毛剤はどっち?

さて、次は、産後の抜け毛に向いている育毛剤はどちらかを見てみましょう。

産後の抜け毛、最近は悩む方がかなり多いみたいですね…
私は産後の抜け毛は免れた方だったので、自分の知識のためにもちょっと調べてみました。

参考にしたのは、医師監修記事の多い有名なスキンケア大学。
産後の抜け毛について見てみると、原因は女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの急激な減少、生活習慣、産後の無理なダイエットの3つ であることが書いてありました。
参考:スキンケア大学

それを参考にすると、女性育毛剤がフォローできるものは、女性ホルモンの減少で起こる頭皮の乾燥。
そして、生活習慣の乱れによって乾燥したり、頭皮が硬くなってしまうこと。
あとは、無理なダイエットによる乾燥や頭皮の荒れに対してと言ったあたりが該当するかなと思います。

主に保湿じゃん!って感じですが、いや、女性の抜け毛って乾燥も一因になるらしいですから、ほんと大事なんですよ…

そんなわけで、産後の抜け毛には保湿力の高そうな刺激の少ない育毛剤がやはりおすすめできるのではないかなと思いました。
保湿力の高い育毛剤については、この記事の成分比較の中の2番目に書いたので、それを参考にしますね。
その見出しはこちらのアンカーリンクから飛んで確認することができます。
マイナチュレ育毛剤とハリモア、頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?

そして、刺激の少なさについては、敏感肌の女性に向いている育毛剤はどっち?と言うところの1番で書いたので、そちらを参考に。
敏感肌の女性に向いている育毛剤はどっち?

上記2つの内容を参考にすると、保湿力が高そうなのはハリモア、刺激が少ないのもハリモアとの結果でした。

ですので、
産後の抜け毛にはハリモアの方が向いている
と言えそうです。

ただし、ハリモアは無香料ながら原料由来の香りで少しローズの香りがすると言う特徴があります。
妊娠中~産後に匂いに敏感になってしまった…と言う女性には、マイナチュレ育毛剤の方が香りがほぼないに等しいので、良いのかなと思います。
ちなみに、ローズ水と言うローズの精油が含まれた水を基材として使っているので、「いかにも作りました」的なバラの香りはしません。
バラの香りは好きだけどいかにもな香りは私も無理(苦笑)

更年期真っ最中の女性に合っている育毛剤はどっち?

生理や妊娠・出産などなど、女性の身体って本当に変化しますよね…
更年期だってその一つ。
体調が悪くなる数々の症状が有名ですが、抜け毛も更年期症状として起こる女性が増えているようです。。。
そんな更年期真っ最中の女性には、マイナチュレ育毛剤とハリモア、成分的に見てどっちが合っているんでしょう?

私自身も更年期が近い身なので、自分自身でも知識を得ておくために更年期による抜け毛・薄毛の対処法と言うのを調べてみました。
参考にしたのは、ヘルスケア大学と予防医学のアンファーのサイト。
どちらも内容が同じようなものだったし、医師がかかわっているサイトなので安心です。

で、女性の更年期の抜け毛の対処法はと言うと…

  1. イソフラボンの摂取
  2. 頭皮の血行促進
  3. シャンプーの仕方を見直す

と言う3つでした。
参考:ヘルスケア大学予防医学のアンファー

この中で育毛剤ができることって、2つ目の頭皮の血行促進ですよね。
イソフラボンの摂取も出来なくはないけど、参考にしたサイトに書いてあったのは食べ物やサプリメントからの摂取だったし。

じゃあ、マイナチュレ育毛剤とハリモア、それぞれの血行促進成分はと言うと…
この記事の少し上の方、頭皮を柔らかくしたい女性に向いている育毛剤はどっち?と言うところで、調べましたね。
頭皮を柔らかくしたい女性に向いている育毛剤はどっち?

そこでは、マイナチュレ育毛剤の方が血行促進成分が充実しているのではないか、と言う結果になりました。

と言うことで、

更年期真っ最中の女性には、マイナチュレ育毛剤の方が向いている

と言えそうです。

30代女性に向いている育毛剤はどっち?

30代女性に向いている育毛剤は、マイナチュレ育毛剤とハリモア、どちらが向いているんでしょう?

30代女性は、そこまで急激に薄毛に…!と言う方はなかなか少ないのかなと思います。
もし、症状的にびまん性のようなつむじから広く薄くなっているような状態でしたら、50代向けの育毛剤の方を見ていただいた方が良いかなと思います。
50代女性に向いている育毛剤はどっち?

30代女性は、抜け毛とか髪の傷み、うねり、白髪…と言った感じの方が多い印象です。

ですので、育毛成分の他に30代女性の頭皮ケアとして重視したいエイジングケア成分が多く入っている育毛剤を、30代女性に向いている育毛剤としてお勧めしたいと思います。

と言うことで、各育毛剤の成分から、抗酸化、抗糖化、美白・抗老化の効果があると言われている成分を抜き出してみました。

 ハリモアマイナチュレ
抗酸化成分◇茶エキス-1
トマトエキス
★酢酸DL‐α‐トコフェロール
◇ボタンエキス
◇ローズマリーエキス
セージエキス
ノバラエキス
抗糖化成分該当成分なし該当成分なし
美白・抗老化成分ジオウエキス
大豆エキス
◇シャクヤク浸出液
キイチゴエキス
トマトエキス
★酢酸DL‐α‐トコフェロール
◇ボタンエキス
ヒキオコシエキス(1)
ヒオウギ抽出液
◇クロレラエキス
オドリコソウエキス
オランダカラシエキス
ニンニクエキス
ジオウエキス
◇セイヨウサンザシエキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアのエイジングケア成分比較表)

★マークがついているものが有効成分です。
それから、◇マークがついている成分が、その項目において優れていると書かれていた成分です。

パッと見た感じでもうお分かりかと思いますが、マイナチュレ育毛剤の方が有効成分も優れていると書かれている成分も多く入っていて、より期待が出来そうです。
それに、植物エキスは1%程度の配合で十分効果を発揮するとの記載が化粧品成分検定の公式テキストに書いてありますので、単純に数で見ても何ら問題はない気がします。

それに、マイナチュレ育毛剤にしか入っていないヒオウギ抽出液には、コラーゲン合成促進効果も期待できるそうですしね。

ハリモアは表に書いている成分すべてナノ化されているので、浸透しやすさにおいては期待できると思います。

抗糖化成分はどちらも該当なしですが、まだまだ抗糖化成分が配合されている育毛剤って少ないので、当たり前っちゃ当たり前…かな…?
マイナチュレはかなり前からある育毛剤ですしね。
ハリモアはボトルデザインが変わったり成分をナノ化したりと良い方向にシフトチェンジを繰り返しているので、もしかしたらそのうち抗糖化成分が加わることもあるかもしれませんね。

抗糖化成分配合の育毛剤は、こちらから探すことができます。
抗糖化成分を配合している女性育毛剤

と言うことで、

30代女性に向いている育毛剤はマイナチュレ育毛剤

と言えそうです。

もしも、30代で急激に分け目やつむじが薄くなってしまった…と言う方。
そんな女性は、別の病気ゆえに髪に影響が出ている可能性も考えられます。
早めに治療することができれば、悪化するような状況も防ぐことができますので、早めに薄毛治療の専門病院を受診することをおすすめします。
女性専門の薄毛治療院についてはこちら

40代女性に向いている育毛剤はどっち?

30代の次は、40代に向いている育毛剤はどちらかを見ていきましょう!

40代は白髪はダントツの悩みですね…
それから、髪が細くなってボリュームダウンしてしまったり、さらに抜け毛が増えて分け目が広がって見えるようになってしまったり…
そして、肌と同じように頭皮もめちゃくちゃ乾燥しやすくなりますね。

そんな悩みを解決する成分が入っている育毛剤だったら、ぜひ使いたい!
と言うことで!

育毛成分と保湿成分、そして白髪予防成分について比較して、40代女性に向いている育毛剤はどちらかを判断したいと思います。

育毛成分は、ハリモアの方が良さそう

まず、育毛成分は血行促進成分、抜け毛予防成分、女性ホルモン様成分をピックアップしました。
それから、ハリモアにはその3つ分類できない育毛成分がありましたので、もう1つ、その他の育毛成分と言う項目を追加しています。

 ハリモアマイナチュレ
血行促進成分★ニンジンエキス
★センブリエキス
トウキエキス-1
★酢酸DL‐α‐トコフェロール
★センブリ抽出液
ボタンエキス
アルニカエキス
◇オランダカラシエキス
マツエキス
セージエキス
◇ニンジンエキス
抜け毛予防成分該当成分なしマツエキス他
女性ホルモン様成分オリスエキス
大豆エキス
ヒオウギ抽出液
その他の育毛成分タケノコ皮抽出液該当成分なし

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアの育毛成分)

★マークは有効成分を表しています。
2行目の血行促進成分は、「頭皮を柔らかくしたい女性に向いている育毛剤はどっち?」のところで書いている表と同じ内容です。
そこでは、血行促進成分は マイナチュレ育毛剤の方が勝っていると導き出しました。
頭皮を柔らかくしたい女性に向いている育毛剤はどっち?

3行目の抜け毛予防成分は、ハリモアは該当成分なし。
マイナチュレ育毛剤のところには「マツエキス他」と書いています。
これは、マツエキスをはじめとしたマイナチュレ育毛剤に含まれる植物成分を複数組み合わせた原料が存在しているためです。

もし、その原料を使っているなら、抜け毛防止作用があるとの記載があるので、期待できると思います。
もし植物成分を単体の原料としてマイナチュレ育毛剤が使用しているなら、それぞれの成分の効果には抜け毛防止作用とは書いていなかったので、違うかなと思います。
なので、抜け毛予防に関してはハリモアよりはマイナチュレ育毛剤の方が期待できるかも?と言うくらいの感覚ですね。
(こうした部分は予測でしかお話しできないので参考程度に読んでくだされば幸いです)

4行目の女性ホルモン様成分は、ハリモアの方が多いですね。
マイナチュレ育毛剤はヒオウギ抽出液、ハリモアはオリスエキスと大豆エキスが該当しました。

そして最後、5行目のその他の育毛成分
マイナチュレは該当成分なしですが、ハリモアにはタケノコ皮抽出液と言う成分を書いています。
このタケノコ皮抽出液、Cosmetic-Infoや化粧品成分ガイドなどには載っていなくて、他のスキンケアブランドや企業のホームページを調べたんですね。

そうしたら、アンファーのスカルプDボーテの2015年の資料のタケノコ皮抽出液の効果に、こんな内容が書いてありました。

FGF-7(KGF)産生
成長期への移行
参考:アンファー スカルプDボーテ

FGF-7って成長因子と呼ばれているものの一つで、発毛成長因子とも呼ばれています。
なんでも、このFGF-7が作られることによって、毛母細胞の分裂や増殖が起こるようなんですね。
資生堂のアデノゲンシリーズに配合されているアデノシンと同じ働きをするってことです。

そ、それって本気で育毛したい女性にとってはすごく重要な成分じゃないですか…?
だったら、抜け毛予防成分どうこう言っているよりも、FGF-7の産生を促して髪がまた生えるようにしてくれた方が良さそう。

もちろん、このタケノコ皮抽出液もハリモアはナノ化して配合しています。

と言うことで、
多方面にわたる育毛成分が入っているハリモアの方が期待できそう
です。

保湿成分はハリモアの方が充実してそう

保湿成分については、上の方で書いている保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?で書いたので、そちらを参考にします。
マイナチュレ育毛剤とハリモア、頭皮への保湿効果が高そうな育毛剤はどっち?

上記アンカーリンク先の内容では、強いて言うならナノ化されているハリモアの方が保湿力は高そうと言う結果でした。

白髪予防成分は、ナノ化の差でハリモアが良さそう

最後、白髪予防成分ですが、抜き出してみるとこうなりました。

 ハリモアマイナチュレ
白髪予防成分ビワ葉エキスビワ葉エキス

(表:マイナチュレ育毛剤とハリモアの白髪予防があると言われている成分)

マイナチュレ育毛剤にもハリモアにも、ビワ葉エキスが入っているんですね。
ただ、ハリモアのビワ葉エキスはナノ化しているので、浸透しやすさと言う面を加えるとハリモアの方が期待できるのかなと思います。

それなら、
ハリモアの方が白髪予防効果が期待できそう
と言えますよね。

育毛成分、保湿成分と白髪予防成分はすべてハリモアが良さそうと言う結果になりました。
ですので、マイナチュレ育毛剤とハリモアで比較するなら

40代女性にはハリモアが向いている

と言えそうです。

50代女性に向いている育毛剤はどっち?

次は50代女性に向いている育毛剤を見ていきましょう!
やっぱり育毛剤を使う世代って40~50代が多いんですよね。

まだまだ働く女性も多いですし、50代って孫ができておばあちゃんって呼ばれる方も多くなってきます。
子どもって思ったこと口に出しちゃうから、「おばあちゃんハゲてる」とか言われたらもう…(泣)
そういう面でもショックを受けたくないから、私は育毛ケアを今から慎重にしていきたい…

そんな50代女性に向いている育毛剤をマイナチュレハリモアか…で選ぶなら、やはり育毛成分を一番重視したいですよね。

マイナチュレ育毛剤とハリモアの育毛成分の比較は、「40代女性に向いている育毛剤はどっち?」と言うところで検証してみました。
結果は、ハリモアの方が多方面にわたる育毛成分が入っていると言う結果になりました。
40代女性に向いている育毛剤はどっち?

血行促進成分の数だけで言えばマイナチュレ育毛剤なんです。
でも、ハリモアにはマイナチュレ育毛剤には入っていない、タケノコ皮抽出液と言う成分が入っています。
このタケノコ皮抽出液は、発毛成長因子とも呼ばれるFGF-7の産生を高める効果や、休止期の毛包に働きかけて成長期へ移行させる効果が期待できるんです。

ですので、
50代女性にはハリモアが向いている
と言えそうです。

頭皮に湿疹があっても使える育毛剤はどっち?

頭皮に湿疹があっても使える育毛剤は、どちらの育毛剤なのか見ていきます。

頭部や生え際などにできるブツブツとした湿疹を頭皮湿疹と言いますが、髪をきちんと洗っているのに痒みが出たり、赤く炎症して痛みが出たり厄介です。
乾燥やストレス、カラー剤やパーマ液によるかぶれ、汗などが原因とされています。
頭皮湿疹の原因って、どれも身近なものでなんですね!
いつ自分にも出るか分からないので、育毛剤も頭皮湿疹があっても使えるものが良いのですが…。

薬用ハリモアは、使用上の注意に、湿疹がある場合は使用しないよう書かれています。
マイナチュレ育毛剤に関しても、同様に記載されています。
頭皮に湿疹がある場合は、残念ながら薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤は使用できません

頭皮湿疹がある方は、まずは市販の頭皮湿疹用の薬や病院の処方箋である程度治すことが先決です。
かゆみ、フケ、赤みがある程度であれば、すこやか地肌と言う頭皮用エッセンスがおすすめです。
頭皮トラブルのある人のために開発された頭皮専用美容液で、ステロイドは使用していません。

すこやか地肌の公式サイトはこちら

白髪予防をしたい女性に向いている育毛剤はどっち?

白髪予防をした女性に向いている育毛剤は、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか?

白髪の改善や予防に効果があると注目されている成分に、ビワ葉エキス、シャクヤクエキス、ホップエキスがあります。
薬用ハリモアの成分をチェックしてみると、ビワ葉エキス、シャクヤク浸出液が含まれています。
一方、マイナチュレ育毛剤にはビワ葉エキスが含まれています。

ビワ葉エキスとシャクヤク抽出液は、毛包内に存在する毛髪を作る幹細胞と色を作る幹細胞のダメージを抑制し、白髪を防止する働きがあることが分かっています。
つまり白髪予防に効果のある成分数が多い薬用ハリモアの方が、白髪予防したい女性に向いている育毛剤だと言えるのではないでしょうか。

より無添加な女性育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤、より無添加な女性育毛剤は一体どっちなんでしょう?
それぞれに含まれる添加物を分かりやすく比較するため表にしてみました。
表の見方として、成分が配合されているものには「●」、配合されていないものには「-」と記入しています。

配合成分ハリモアマイナチュレ
パラベン--
フェノキシエタノール-
エタノール
メントール--
合成ポリマー--
シリコン--
着色料・タール色素--
香料--
鉱物油--
界面活性剤
紫外線吸収剤--
旧指定表示成分-

(表:ハリモアとマイナチュレの添加物比較表)

表から、薬用ハリモアにはエタノール、界面活性剤が配合されています。
界面活性剤の配合に対して、「大丈夫?」と不安に思う方もいるかもしれませんね。
薬用ハリモアに含まれる界面活性剤は、POE硬化ヒマシ油という非イオン界面活性剤です。
刺激が強く肌に良くないとされる石油系界面活性剤の配合はないので、安心して大丈夫です。

マイナチュレ育毛剤に含まれる添加物は、フェノキシエタノール、エタノール、界面活性剤、旧指定成分です。
マイナチュレ育毛剤に配合されている界面活性剤は、ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油です。
こちらも非イオン界面活性剤で、マイナチュレ育毛剤には石油系界面活性剤の配合はありません。
2つの育毛剤に含まれている界面活性剤は、乳化剤として配合されています。

薬用ハリモアの添加物は2種類で、一方のマイナチュレ育毛剤は4種類の添加物が配合されています。
このことからよりより無添加な女性育毛剤は、薬用ハリモアだと言えます

旧指定表示成分が入っていない女性育毛剤はどっち?

では次に、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、旧指定表示成分が入っていないのはどちらか見ていきましょう。
先ほどの添加物比較表を見てみると、薬用ハリモアは配合なし、マイナチュレ育毛剤は配合有りとなっています。

旧指定表示成分とは、体質によってはアレルギーなどの皮膚トラブルを引き起こす恐れのあるとされた102種類の成分です。
1980年に厚生省によって告示され、この成分を使った化粧品は容器や包装に明記する事が義務付けられていました。
2001年4月以降は全成分表示が義務付けられたので、廃止されています。

マイナチュレ育毛剤に含まれる旧指定成分は、酢酸DL-α-トコフェロールです。
酢酸DL-α-トコフェロールには血流を促進する作用があり、髪の毛の生成に必要な栄養素を頭皮に運ばれるよう促します。
また抗炎症作用もあり、頭皮の清潔を維持し、髪の生えやすい環境作りを作ります。
育毛剤には有効な成分です。

それでも敏感肌の人などは、旧指定成分が配合された育毛剤にどこか抵抗があるかもしれませんね。
そんな方には、旧指定表示成分が入っていない女性育毛剤、薬用ハリモアをおすすめします

ハリモアとマイナチュレの口コミを比較

マイナチュレとハリモアの口コミを比較

次にハリモアとマイナチュレを実際に使った人の口コミを比較していきます。

自分と同じ悩みを書けた同年代の女性が、どちらを購入しているのか気になるところですよね。
そこでここではハリモアとマイナチュレの口コミを年齢別に、30代、40代、50代と分けて見ていきます。
同年代の意見をぜひ参考にしてみてくださいね。

続けて、抜け毛、発毛・育毛効果、ハリコシアップ、フケ・かゆみの改善などに関する効果に関する口コミも、どちらに多く寄せられているのか見ていきましょう。

各効果に関する口コミを詳しく調査した記事は、商品ごとに別記事であるので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね!
ハリモアの口コミ・評判を調べました
マイナチュレ育毛剤の口コミ・評判を調べました

30代の女性が多く使っている口コミが多い育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の口コミから、30代の女性が多く使っている育毛剤はどちらなのかを見ていきます。

薬用ハリモアの32件の口コミのうち、30代女性から寄せられたものは7件です。
一方のマイナチュレ育毛剤は、202件の口コミ中、30代から寄せられたものは87件です。

30代の女性の口コミ数が多いのは、マイナチュレ育毛剤でした
元々の口コミ数にだいぶ違いはありますが、同年代の購入者が多い方が安心感や信頼感があると感じる方には、マイナチュレ育毛剤がおすすめです。

ちなみにそれぞれの育毛剤ごとに、全体の購入者に対する30代購入者の割合もチェックしてみました。
その結果、薬用ハリモアは21,9%、マイナチュレ育毛剤は43%でした。
購入した30代の割合が高いのもマイナチュレ育毛という結果です。

同年代に人気の育毛剤が安心で良いと言う方には、マイナチュレ育毛剤がおすすめです。

40代の女性が多く使っている口コミが多い育毛剤はどっち?

次に、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の口コミから、40代の女性がどちらを多く使っているかを見ていきます。

薬用ハリモアに寄せられた32件の口コミのうち、40代からの口コミは13件でした。
一方のマイナチュレ育毛剤は、202件中71件が40代からの口コミです。

40代の口コミ数が多いのは、マイナチュレ育毛剤です

各育毛剤ごとに40代購入者の割合を見てみると、薬用ハリモアは40,6%、マイナチュレ育毛剤は35,1%でした。
全体の購入者に占める40代購入者の割合が高いのは、薬用ハリモアでした。

どちらを重視するかは、人によって分れるところだと思うので、参考にしてみてくださいね!

50代の女性が多く使っている口コミが多い育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤は、どちらが50代の女性に多く使われているのでしょうか?
口コミから集計した客層を元に観ていきます。

薬用ハリモアは32件の口コミ中、50代の口コミは7件でした。
一方、マイナチュレ育毛剤は202件の口コミ中、19件が50代以上の口コミです。
(マイナチュレ育毛剤は、50代以上で集計してあるので、正確には60代や70代からの口コミが混じっている可能性があります。)

口コミより、50代の女性が使っている数が多いのは、マイナチュレ育毛剤でした

次にそれぞれの購入者に占める50代購入者の割合を見ていきます。
その結果、薬用ハリモアは21,9%、マイナチュレ育毛剤は9,4%でした。
各育毛剤に占める50代の割合が多いのは、薬用ハリモアでした。

50代女性に多く買われているのはマイナチュレ育毛剤で、50代女性の割合が高いのは薬用ハリモアです。
どちらを重視するかは人によって異なると思うので、参考にしてみてください。

抜け毛が減ったと言う口コミが多かった育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、抜け毛が減ったと言う口コミが多いのはどちらか見ていきます。

薬用ハリモアは32件の口コミ中、抜け毛が減ったと実感したという口コミは14件ありました。
マイナチュレ育毛剤は202件の口コミ中、8件です。

これは意外な結果ですね。
口コミ数にはかなりの違いがあるんですが、抜け毛が少なくなったという口コミは全体数の少ないハリモア育毛剤の方が多かったです。

次にそれぞれの育毛剤の購入者全体で、抜け毛が減ったと実感した方の割合を出してみます。
薬用ハリモアは43,8%、マイナチュレ育毛剤は4%でした。

抜け毛に効果があったという口コミに関しては、全体数も全体数に占める割合も薬用ハリモアの方が多いです

抜け毛が減ったと実感した期間についても見ておきましょう。
薬用ハリモアの口コミに寄せられている意見を集計すると、1か月で実感した人は3人、3か月が3人、6か月が1人でした。
マイナチュレ育毛剤に関しては、詳しい人数は出ていませんが、3か月前後に実感したという口コミが多いです。
1か月で効果があったという口コミもありますが、少数派です。
抜け毛が減ったと実感する期間を見ても、薬用ハリモアの方がおすすめです。

抜け毛が多くてお悩みの方で、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の抜け毛に関する口コミ数に満足できない方は、女性用育毛剤リリィジュがおすすめです。
リリィジュに関する215件の口コミで、抜け毛に効果があったという意見は43件と、非常に多く寄せられています。

育毛・発毛効果の口コミが多かった育毛剤はどっち?

次に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、育毛・発毛効果の口コミが多かったのはどちらかを見ていきます。

薬用ハリモアは32件の口コミ中、育毛・発毛効果があったという意見は5件でした。
一方のマイナチュレ育毛剤は、残念ながら正確な数は確認できませんでしたが、極めて少数です。
202件中、抜け毛が減ったという口コミの8件よりも少ないということです。

数と割合から判断して、育毛・発毛に関する効果は薬用ハリモアの方が期待できます

育毛・発毛効果はヘアサイクルが関係してくるため、育毛剤を使いだしてすぐには結果が出ません。
少なくとも6か月は使い続けないと実感しづらいです。
でも口コミって、たいてい購入してすぐか、1本目を使ってみてから(1か月後)投稿しますよね。
だからこの2つの育毛剤に限らず、どの育毛剤でも育毛・発毛効果に関する口コミは少ないです。
育毛・発毛効果があったという口コミが1件も見当たらない育毛剤も、ゴロゴロあるんですよ☆
そこが知りたいところなのに、残念…。

育毛・発毛効果を重視して育毛剤を選びたいという方には、からんさやリリィジュがおすすめです。
からんさに関しては、24件の口コミ中、育毛・発毛効果があったという意見が8件と割合が高いです。
リリィジュは215件中27件の口コミがあり、数が多く期待できます。

髪のハリコシアップの口コミが多かった育毛剤はどっち?

次に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、髪のハリコシアップの口コミが多いのはどちらなのか見ていきます。
髪の毛にハリコシが出てボリュームアップすると、髪の毛の薄さをカバーしてくれます。
髪の薄さに悩んでいる人には、このボリュームップ効果を重視したいですよね!

薬用ハリモアのハリコシアップに関する口コミは、36件中7件でした。
一方のマイナチュレ育毛剤にかんしては、またもや正確な数は出ていません。
抜け毛減少の効果があったという8件の方が圧倒的に多いという事で、これよりだいぶ少ないようです。

数と割合からすると、髪のハリコシアップには薬用ハリモアの方が期待できます

この2つの育毛剤以外でしたら、ボリュームップ効果があったという意見が215件中37件も寄せられていたリリィジュがおすすめです。

フケ・かゆみが改善した口コミが多かった育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、フケ・かゆみが改善した口コミが多いのはどちらか見ていきます。

薬用ハリモアには1件、フケがおさまったという口コミが寄せられていました。
マイナチュレ育毛剤には、フケやかゆみに関する口コミは見当たりませんでした。

どちらもフケ・かゆみに関する口コミは、ほとんど寄せられていません
これは意外ですね~。
どちらの育毛剤にも、成分的には頭皮環境を正常に整える抗炎症や抗菌作用あるもの、乾燥を防ぐ保湿効果のあるものまでしっかりと配合されています。

この2つの育毛剤以外だと、フケ・かゆみに効果があったと口コミが割と多く見られたすこやか地肌がおすすめです。

ハリモアとマイナチュレを私が使ってみた感想で比較

マイナチュレとハリモアを使ってみた感想で比較

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤を私が使った感想で比較していきます。
ここでは私が実際に2つの育毛剤を使った感想を、使用感・使いやすさ、発送方法・同封のチラシなどに細かく分けて比較をしていきます。
特に使用感・使いやすさは育毛剤を長く続けるために重要なポイントとなるので、要チェックです♪

それぞれの育毛剤の効果を私がレビューした記事は別にあるので、ぜひそちらもご覧くださいね!
ハリモアの効果を私が使って本音でレビュー!
マイナチュレの効果を私が使って本音でレビュー!

ハリモアとマイナチュレの使用感・使いやすさを比較

マイナチュレとハリモアを使ってみた感想で比較~使用感編~

それでは早速、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の使用感・使いやすさを比較していきます。
使用感・使いやすさと言っても曖昧なのでここでは分かりやすく、使用目安が分かりやすい育毛剤、ノズルが使いやすい育毛剤、残量確認がしやすい育毛剤、使い方が楽な育毛剤、香りがよい育毛剤、べたつかない育毛剤がどちらなのかを見ていきます。

あくまで私主観の感想ですよ♪
どちらが自分の求める育毛剤なのか判断する材料にしてみてくださいね。

使用目安が分かりやすい育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、使用目安が分かりやすいのはどちらでしょうか。

どちらも1本の使用目安は1か月とされているので、1回ごとに使う分量が分かりやすいかは選ぶのに重要なポイントですよね。
ケチって少量しかつけないと効果が出づらくなる気がするし、だからと言ってビチャビチャつけるのももったいない(笑)
やっぱり適量と決められている量を使う事が、一番効果が出やすい気がしますよね!

薬用ハリモアは、スプレー式のボトルなので、1プッシュで使える量が決まっています。
目安は1回15~20プッシュとされているので、これは分かりやすいですよね!ハリモアの使用目安の目盛り
一方のマイナチュレ育毛剤は直塗りタイプですが、ボトルの側面に目盛りが付いています。
使用量の目安として、5日ごとに目盛りがふられており、30日間これを目安に使っていけばいいのでこちらも分かりやすいです。マイナチュレの使用目安の目盛り。残量確認もしやすいです

どちらも使用目安が分かりやすく、これは使う人の好みに分れそうですね。
私はいちいち残量を見ながら塗布していくよりは、回数を数えながらササっと塗布できるプッシュタイプの薬用ハリモアの方が、使用目安が分かりやすいと思います

ノズルが使いやすい育毛剤はどっち?

次に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の、ノズルの使いやすさについて比較していきます。

この2つの育毛剤のノズルは全く違う形状になります。
まず薬用ハリモアは、スプレータイプのノズルです。
ふわっと放射状に広がるミストではなく1本線がピュッと出るタイプなので、周りの髪の毛に邪魔されづらく狙った頭皮に届きやすいです。ハリモアのノズルはスプレータイプ
マイナチュレ育毛剤のノズルは直接頭皮につける直付けタイプなので、狙ったところにしっかりと付けることができます。マイナチュレのノズルは直付けタイプ

薬用ハリモアのノズルも頑張ってはいるんですが、やはり直付けタイプの直接頭皮にがっつり濡れる感には少し劣ります。
ノズルが使いやすい育毛剤は、マイナチュレ育毛剤だと思います

残量確認がしやすい育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、残量が確認しやすい育毛剤はどちらでしょうか。

薬用ハリモアのボトルは茶色っぽい色で半透明となっているので、残量確認が簡単にできます。
ボトルには7日刻みで目盛りが記されているので、使いすぎていないか確認しながら使うことができて使いやすいです。
一方のマイナチュレ育毛剤のボトルは、白っぽい半透明のものなので、こちらも簡単に残量を確認できます。
先ほども述べたように、ボトル側面には5日刻みで目盛りが記されています。

残量確認については、どちらも問題なくできるので、これは使う人の好みによると思います。
私は残量を確認しやすいのはどちらかと言えばマイナチュレ育毛剤かなーと思います
目盛りが5日と細かいし、色味も明るい方が見やすかったです。

使い方が楽な育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、使い方が楽な育毛剤はどちらでしょう。

育毛剤を毎日使い続けるのって、意外に大変なんですよね。
薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤は、1日2回、朝晩の使用が推奨されています。
育毛したいという気持ちはあるけど、面倒くさいとも感じてしまい、自分に続ける事ができるか心配だという方も多いのでは?
だからこそ育毛剤を長く使い続けるために、使い方が楽な方を選ぶに越したことはありませんよね♪

薬用ハリモアはプラスチック製のスプレーボトルなので、軽くて楽に付けられます。
でもスプレーの勢いが強くて、周りに飛び散る感じがあるのがネックかな~。
中身が減ってきた時に、ボトルを傾けると中身が出づらいという、スプレーボトルならではの欠点もありました☆

一方のマイナチュレ育毛剤は、直付けノズルで最後の1滴まで使えて経済的で良いですね。
狙ったところにガンガン塗布して行けるのも楽!
でもただひとつ、サラッとした溶液だから傾けるとドバっと出たり、ダラッと液ダレしたりすることもあります。
コツを掴むまではちょっと時間がいるかもしれません。

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、使い方が楽なのはマイナチュレ育毛剤でしょうね
欠点もありますが、続けてコツをつかめば解決できる問題なので、こちらの方が簡単に楽に使っていけると思います。

香りが良いまたは無香料な育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、香りが良い、もしくは無香料なのはどちらでしょうか。

育毛剤の香りは重要な見極めポイントです。
この2つの育毛剤は香料無添加の育毛剤ですが、実際の匂いがどうなのか気になるところではないでしょうか?
匂いがキツすぎたり、嫌な匂いがしたりするものは避けたいです。
周りに臭いなんて思われるのは、絶対に嫌~(笑)

薬用ハリモアはほんのりローズの香りがします♪
乾いたあとは残らないので、塗布する際の癒しとして気に入っていました。

マイナチュレ育毛剤は、特に何の匂いもしません。

香りに関して評価が高いのは、私の中ではマイナチュレ育毛剤かな~
薬用ハリモアのほのかなローズによる、癒しの育毛剤タイムも捨てがたいんですが…。
やはり、匂いは人によって感じ方も違うので、もしかしたら匂がキツイと感じる人がいるかもしれないし、臭いと感じる人もいるかもしれません。
そんな心配を持つくらいなら、最初から何の匂いもしない無香料が良いかな♪

べたつかない育毛剤はどっち?

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、べたつかない育毛剤はどちらなのでしょうか。

使う度に手がベタベタ、塗った部分がベタベタという育毛剤は使い続ける気がしません。
サラッとした使い心地がベストですね!

薬用ハリモアはさらっとした水に近い液体なので、触ってベタベタすることはありません。
塗布後も髪の毛がべたつくことはなく、ふんわり仕上がります。
髪の毛がべたつくと、分け目が特に目立って嫌なんですけど、薬用ハリモアを使っていたら分け目のぺったり感も解消しました♪
分け目の地肌が目立たなくなるから、自分の髪に自信を取り戻せましたよ!

一方のマイナチュレ育毛剤も使っていてべたつくことはありませんでした。
使った後は髪の毛がフンワリするので、つむじや分け目など薄かった部分が目立たなくて良いです。

このべたつきに関しては、薬用ハリモアもマイナチュレ育毛剤もどちらも問題なく使えます。
なのでここでは引き分けとしておきます。

ハリモアとマイナチュレの発送方法や同梱チラシについてを比較

マイナチュレとハリモアを使ってみた感想で比較~手元に届くまで編~

次は薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤発送方法や同梱チラシを比較していきます。
通販に求めるものは、速さと気配りがあるかどうかではないでしょうか。

ここでは、プライバシー発送や手元に届くスピード、そして同梱チラシについて比較していきたいと思います。

商品名記載なしで発送をしてくれる育毛剤はどっち?

商品名を無記載で送ってくれるプライバシー発送をしてくれるのはどちらでしょうか。

育毛剤の購入って、人に知られたくないですよね。
宅配業者の人にはもちろん、私は家族にもできるだけ知られたくないです。
だから荷物の箱や伝票にあからさまに育毛剤って表記されているものは嫌!
女性をターゲットにしているんだから、それくらいの気配りができないと困りますよね~。

薬用ハリモアのプライバシー発送はバッチリでした♪
育毛剤と言う表記はもちろん、商品名の記載もありません。
箱にレバンテと大きく書かれていますが、こちらは女性用育毛剤だけではなく化粧品も販売している会社なので問題ないって感じました。
運送業者にもバレないから、気まずくなくて助かります。

マイナチュレ育毛剤は真っ白な段ボールなのでその点は良いですが、伝票が残念。
品名に「マイナチュレ 通常購入」と記載され、発送元は「【マイナチュレ】オンラインショップ」としっかり記載してあるんです。
育毛剤とはっきり記載されてはいませんが、マイナチュレとはっきり記載されているのはどうかな~。
女性育毛剤としてかなり有名だから、見る人が見れば育毛剤を買ったとバレてしまいます。
ちなみに品名に関しては、注文時の要望欄に「化粧品記載」と入力すれば「化粧品」と記載されるらしいですよ。
でも発信元にマイナチュレってあるし(笑)

商品名を記載せず、しっかりとプライバシー発送に気を配っている育毛剤は薬用ハリモアでした

より早く手元に到着する育毛剤はどっち?

通販は簡単に注文できて家まで届けてくれるのは手軽で良いんですが、到着まで待つ時間が長いと残念です。
「購入したものは早く手元に欲しい」、「少しでも早く育毛剤を試しいたい!」という方も多いと思います。
そこで薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、注文してからより早く手元に到着するのはどちらなのか見ていきます。

薬用ハリモアは、注文してから1週間くらいで届きました。
公式サイトには通常1週間~10日以内のお届けと記載されています。

マイナチュレ育毛剤は、注文してから3日程で私の手元に到着しました。
公式サイトには、通常1週間以内に発送と記載されています。

注文して早く届くのはマイナチュレ育毛剤でした
少しでも早く使い始めたいと言いう女性におすすめです。

余計な同梱チラシが少ない育毛剤はどっち?

通販で商品を購入すると、それ以外にもいろんなチラシが同梱されているのはよくある事ですよね。
いろんな商品の情報が得られるのは良いんですが、商品さえ届けば余計なチラシはいらないと言う方が多いのが現実。
そこで余計な同梱チラシが少ないのは、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらなのを見ていきます。

私が定期コースで頼んだ時、薬用ハリモアの箱の中身は、ハリモア、ハリモアのパンフレット、納品書1枚、定期コースや返金保証の案内3枚のみでした。
他の商品のチラシは一切入っていなくて、必要な物だけだったのは良かったと思います。

ハリモアの同梱チラシ

マイナチュレ育毛剤が届いた時の箱の中身は、マイナチュレ育毛剤、育毛ケアガイド、納品書1枚、マイナチュレ通信1枚、詳しい使い方1枚、ご挨拶・返金保証の案内3枚のみでした。
こちらにも余計な他の商品のチラシは一切入っていませんでした。

マイナチュレの同梱チラシ

どちらも余計なチラシは入っておらず、好感が持てました。
私はこれから自分が使う育毛剤の情報はいろいろ知っておきたいので、マイナチュレの使い方や育毛ケアガイドなどが入って内容が充実したマイナチュレの方が好きでしたね!

ハリモアとマイナチュレの公式サポートを比較

マイナチュレとハリモアの公式サポートを比較

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の公式サポートの内容を比較していきます。
ここでは公式サポートとして、毛髪の専門家がサポートしてくれるか、メール相談を受け付けるか、返金保証について調べていきます。

毛髪診断士など専門家がサポートしてくれる育毛剤はどっち?

育毛剤を購入前や購入後に、毛髪診断士など毛髪の専門家が相談に乗ってくれるシステムを準備している企業があります。
育毛剤を使う上で髪の悩みや心配事をプロに相談できるのは、とても心強いですね。
薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤は、このような専門家がサポートしてくれるシステムが準備されているのでしょうか?

薬用ハリモアには残念ながらこのシステムはありません。

マイナチュレ育毛剤には、育毛ケアを全面的にサポートできるよう、毛髪診断士や美容師、管理栄養士、スリープアドバイザーなど多数スタッフに揃えています。
あらゆる面から購入者をサポートできるように準備されているのが嬉しいですね。
いざと言う時には相談に乗ってくれるプロがいるということは、安心して使っていくことができそうです。

毛髪の専門家がサポートをしてくれる育毛剤は、マイナチュレ育毛剤だと言えます

メール相談も受け付けてくれる育毛剤はどっち?

頭髪の悩みは女性にとってとってもデリケートな問題です。
相談したい事があっても電話だとちょっと…とためらう女性も多いかもしれません。
そんな時にあると便利なのがメール相談です。
メールだと悩みをゆっくりと文章にして伝えることも可能なので、あると心強いシステムです。

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、メール相談を受け付けてくれる育毛剤はどちらなのか見てみましょう。

薬用ハリモアは基本フリーダイヤルの電話窓口のみになります。
しかしよく公式のサイトをチェックしていくと、問い合わせ先にメールアドレスが記載してあります。
探さないと分からない感じにひっそりと書かれており、もうちょっとデカデカと表示してくれれば良いのに…と感じてしまう程。
あくまで問い合わせ先であって、もしかしたら相談用ではないのかもしれませんね。

マイナチュレ育毛剤は、フリーダイヤルの電話窓口の他に、メール相談も受け付けていると分かりやすく記載してあります。
こちらは問い合わせ用フォームもあるので、ここから直接送信できて便利です。

メール相談を受け付けてくれる育毛剤は、マイナチュレ育毛剤です

ハリモアとマイナチュレの返金保証を比較

次に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の返金保証について比較していきます。
薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤には返金保証がついており、安心して購入できるのは有り難いです。
ここでは返金保証の期間や適用条件、返金方法を見ていきます。

返金保証の期間が長い育毛剤はどっち?

育毛剤は長く使うほどに、効果が出やすくなるものです。
長い期間の返金保証が付いていればそれだけ長く試すことができるので、安心して「自分に合うかどうか」、「効果が出るかどうか」を見極めることができます。
それでは返金保証の期間について、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤を見ていきましょう。

薬用ハリモアは、30日間返金保証が付いています。
1本をじっくりと試すことができて、嬉しいです。

マイナチュレ育毛剤は、なんと180日間全額返金保証が付いています。
これはすごい!
最大6本が使用済みでも6か月の間は、商品に満足できない場合、返金に応じるという事です。
私もいろんな育毛剤をチェックしていますが、ここまで長い返金保証のついた物はほとんど見かけたことがないです。
商品によっぽどの自信があるんでしょうね!

返金保証の期間が長い育毛剤は、断トツでマイナチュレ育毛剤です

返金保証が適用される条件が良い育毛剤はどっち?

次に返金保証が適用される条件を比較していきます。

薬用ハリモアは初めての購入であれば、30日間の返金保証のついた定期お届けコースを利用できます。
一世帯1回限りという条件のみです。

マイナチュレ育毛剤は180日間の返金保証がついた定期コースが2種類あり、6か月間定期コース(スタンダードプラン)と12か月間定期コース(プレミアムプラン)が準備されています。
その名称の通り、条件は6か月定期コースなら最低6か月(6回)、12か月定期コースなら最低12か月(12回)は継続することとなっています。
こちらも各家庭一回限りで初回に限りという条件となります。

返金保証が適用される条件だけ見ると、回数に縛りのない薬用ハリモアの方がおすすめです

返金方法が楽な育毛剤はどっち?

返金方法が楽な育毛剤は、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか。
育毛剤を使ってみたけど自分に合わずに返金したいという時に、楽に返金できる方が良いですね。
いざという時のために手続きが煩わしくないか、前もってチェックしておくのは大切です。

薬用ハリモアの30日間返金保証は、商品の受取日から30日間以内に連絡を入れます。
次に、使用中の商品の容器と必須項目(名前、電話番号、商品名、返送理由、返金振り込み先、口座名義人)を記入した紙を、レバンテ株式会社の全額返金係当てに送ります。

マイナチュレ育毛剤の180日返金保証は、初回注文日より180日以内に返金保証窓口に連絡を入れます。
次に届いた空箱に明細書と商品の容器を入れて、レッドビジョンの返金保証窓口宛に返送します。
つまりお買い上げ明細書と空箱、商品の容器が必要なので、なくさないように保管しておく必要があります。

返金方法が楽なのは、育毛剤本体と必要事項を記入したメモ紙だけを送り返せば良い薬用ハリモアです

ハリモアとマイナチュレのコスパを比較

マイナチュレとハリモアのコスパを比較

次に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤のコスパを比較し、よりお得感の高いのはどちらかを見ていきます。
ここではコスパの比較として、長持ちする育毛剤、手数料が負担される育毛剤、お試し用がある育毛剤はどちらかを見ていきます。
それから単品、定期それぞれの初回価格、定期で継続した時の価格などもチェックしていきます。

1本が長持ちする育毛剤はどっち?

1本が長持ちする育毛剤は、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか。

どちらも定期コースを利用した場合、次回の発送日の変更ができるので1本が長持ちするとお得です。
ただし薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤に関しては、内容量は共に120ml・1か月分です。
使用回数も、共に朝晩2回が推奨されています。
つまり普通に頭皮全体に使っていく分には、大きな違いは出ないでしょうね。

1本で使用できる期間は薬用ハリモアもマイナチュレ育毛剤も、大差ないと考えられます。

通販の手数料を負担してくれる育毛剤はどっち?

商品を通販で購入する時は、できるだけお得に購入したいもの。
通販の手数料をより多く負担してくれるのは、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか。

分かりやすいように、通販の手数料を表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
定期通常定期通常
送料0円650円0円650円
代引き300円300円0円0円
後払いなしなし0円0円

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤の通販時にかかる手数料)

薬用ハリモアは定期コースの利用で、全国どこでも送料が無料となります。
ただし代引き手数料は300円かかります。
また通常購入だと、送料650円、代引き手数料300円がかかってくるのでご注意くださいね。

一方のマイナチュレ育毛剤は、定期コースの利用で代引き手数料、後払い手数料共に無料です。
通常購入だと全国一律650円の送料も、定期コースを利用する場合は無料となります。

通販の手数料を負担してくれる育毛剤は、マイナチュレ育毛剤の定期コース利用です

お試し用がある女性育毛剤はどっち?

いきなり1か月分を購入する前に、まずはお試し用から使いたいと考える女性も多いですよね。
特に敏感肌の方などは、使って問題がないかをまず判断したいもの。
そこで薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤で、お試し用がある女性用育毛剤はどちらなのかを見ていきましょう。

…探してみましたが残念なことに、薬用ハリモアにもマイナチュレ育毛剤にもお試しセットはありませんでした
これは意外ですね。
両方とも全額返金保証が付いていること、そしてマイナチュレに関しては定期コースの初回価格が980円ととてもお値打ちであることから、あえて準備していないのかもしれませんね。
1か月分の育毛剤そのものが、お試し感覚で使えるということではないでしょうか。

どうしても、まずはお試しセットから使いたいという女性の方は、長春毛精やリリィジュ、ミューノアージュの育毛剤でしたらお試しセットがありますよ。
そちらを考えてみても良いかもしれませんね。
お試しセットがある女性育毛剤はこちら

単品の初回価格が安い育毛剤はどっち?

いきなり育毛剤の定期コースを注文することに、抵抗のある方もいるかもしれません。
そんな方はまず単品での購入を考えていると思うので、公式サイトの単品購入時の価格を比較しておきます。
薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、単品の初回価格が安いのは一体どちらでしょう。

まず単品購入時の初回価格を表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
本体価格7,037円(税込7,600円)5,095円(税込5,503円)
送料650円650円
合計7,687円(税込8,250円)5,745円(税込6,153円)

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤の単品購入時の初回価格比較)

表より、単品購入だとマイナチュレ育毛剤の方が安く購入できるのが分かります
2,000円も違いがあるなんて、結構な差ですよね~。
やはり購入するなら安い方!と言う方は、マイナチュレ育毛剤がおすすめです。

定期の初回価格が安い育毛剤はどっち?

それでは次に、単品購入よりお得な価格で購入できる定期コースを見ていきましょう。
公式サイトの定期コースを利用した時に初回価格が安い育毛剤は、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか。

まずは定期購入時の初回価格を表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
本体価格3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)
送料0円0円
合計3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤の定期購入時の初回価格比較)

表より、定期購入時の初回価格は圧倒的にマイナチュレの方が安いです
マイナチュレ育毛剤は、ちょうど3/15まで期間限定の初回特別価格キャンペーンを実施しているので、この980円という超お得な価格が実現しています。
この980円キャンペーンが終了したら。初回20%オフキャンペーンの利用が良いですね。
これは定期コースの初回価格が通常の4,742円(税込5,121円)から20%オフの3,790円(税込4,093円)となるものです。
まぁ…そうは言ってもやはり980円のうちに、ぜひ試しておきたいものですね♪

定期で3ヶ月続けた時コスパが良い育毛剤はどっち?

育毛剤で効果を出すには、やはりある程度の期間使い続けていかねばなりません。
長期で使うことを想定したときに、よりコスパが良いのは薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらでしょうか。

ここでも分かりやすいように、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ3か月買い続けたときの価格を表にしてみました。
ちなみに、マイナチュレ育毛剤は人気No1のスタンダードプラン(6か月の定期コース)を適用しています。

 ハリモアマイナチュレ
1ヶ月目(初回)3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)
2ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
3ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
合計14,259円(税込15,400円)9,894円(税込10,686円)

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ3ヶ月買い続けた時の価格比較)

表より、3か月間続けたとき、マイナチュレ育毛剤がより安くなっているのが分かります。
マイナチュレ育毛剤は、初回価格と2回目以降の価格もどちらとも薬用ハリモアより安いです。
3か月間続けたときに、コスパが良い育毛剤はマイナチュレ育毛剤です

定期で6ヶ月(半年)続けたらコスパが良い育毛剤はどっち?

次に定期コースを利用して6か月(半年)続けたとき、コスパが良い育毛剤は薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらなのかを見ていきましょう。

毛髪の悩みに対して育毛・発毛効果を期待するのなら、はやり6か月以上は続けていくことが大切です。
気長に長い目で、育毛剤でのケアを続けていけると良いですね。

それでは早速、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ6か月買い続けた時の価格を表にしてみました。
先ほどと同様、マイナチュレ育毛剤の定期コースはスタンダードプランを適用しています。

 ハリモアマイナチュレ
1ヶ月目(初回)3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)
2ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
3ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
4ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
5ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
6ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
合計30,369円(税込32,800円)23,265円(税込25,128円)

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ6ヶ月買い続けた時の価格比較)

表より、6か月間使い続けた時の価格は、マイナチュレの方が安いことが分かります。
半年も続けると、差がだいぶ大きくなりますね。
約7,000円も違いが出ています。
定期コースで6か月間続けたとき、コスパが良いのはマイナチュレ育毛剤です

定期で12ヶ月(1年)続けたら安い育毛剤はどっち?

それでは定期コースで12か月(1年)買い続けたら、薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤はどちらが安いのでしょうか。
ここでも6か月定期コースのスタンダードプランを使うものとします。
スタンダードプランは6か月(6回)継続が条件のプランなので、これが過ぎるといつでも解約ができるようになります。
解約の連絡を入れない限り発送は継続されるので、特に手続きの必要がないのが楽でいいですね!

1年も使うと、だいぶ髪の毛や頭皮にも変化が現れているのではないでしょうか!
ここまで続けられるよう、頑張っていきたいものです♪

それでは薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ12か月続けた時の価格を、分かりやすいように表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
1ヶ月目(初回)3,519円(税込3,800円)980円(税込1,058円)
2ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
3ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
4ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
5ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
6ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
7ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
8ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
9ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
10ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
11ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
12ヶ月目5,370円(税込5,800円)4,457円(税込4,814円)
合計62,589円(税込67,600円)50,007円(税込54,012円)

(表:ハリモアとマイナチュレ育毛剤をそれぞれ12ヶ月(1年)買い続けた時の価格比較)

表より、1年間買い続けたとき、より安いのはマイナチュレ育毛剤です
ここまで続けると、2つの育毛剤には12,500円もの差ができており、大きな違いとなっていますね。

ハリモアとマイナチュレの定期コースのシステムを比較

マイナチュレとハリモアの定期コースのシステムを比較

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の定期コースのシステムを比較していきます。
ここでは、それぞれの定期コースのシステムとして、購入回数の縛り、解約方法、お届けの周期変更について見ていきます。

購入回数の縛りが少ない定期コースがある育毛剤はどっち?

定期コースを利用すると通常価格よりお得に購入でき、わざわざ毎月注文する手間が省ける自動発送がとても嬉しいメリットです。
でもひとつ気になるのが、条件に回数の縛りを設けている物が多いってこと。
向こうも商売だから、分かるんだけど…でもやっぱりいつでも好きに止められる定期コースの方がいいなぁと思います。
そこで薬用ハリモアとマイナチュレの定期コースで、購入回数の縛りが少ないのはどちらかを見ていきます。

薬用ハリモアは、なんと回数の縛りがありません。
マイナチュレ育毛剤は2種類の定期コースがあります。
6か月定期コース「スタンダードプラン」なら最低6回(6か月)、12か月定期コース「プレミアムプラン」なら最低12回(12か月)の縛りがあります。

購入回数の縛りが少ない定期コースがあるのは、薬用ハリモアでした
というより回数の縛り自体がないので、自由に止めることができて気が楽ですよね。

定期コースの解約が楽な育毛剤はどっち?

定期コースを申し込むのなら、解約が楽な方が良いです。
手続きが面倒だと後々苦労します。
そこで薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤で、定期コースの解約が楽なのはどちらか調べてみました。

薬用ハリモアの定期コースを解約する場合は、次回のお届け日の10日前までに電話連絡をいれます。
マイナチュレ育毛剤の定期コース解約は、商品発送予定日の7日前までに連絡を入れます。
マイナチュレ育毛剤は電話連絡かWEBページからの手続きかどちらかを選べます。
解約ってどことなく後ろめたくないですか(笑)?
私は直接言うのが億劫なので、断然WEBページでの解約を選びます。

定期コースの解約が楽な育毛剤は、マイナチュレ育毛剤だと思います
電話する必要がなく、WEBページから解約ができるのってかなり楽です!

周期変更がしやすい育毛剤はどっち?

育毛剤を使っていてよくあるのが、忙しくて使えない日があったり、つい塗り忘れていたり…。
また目安より多く塗布していたりすることも、よくあるのではないでしょうか。
使用目安を忠実に守って使い続けるのって、実は結構難しいんですよね。
そのように使っていると、定期コースの周期がズレてきてしまいます。
1か月に1回お届けが自動で行われる便利な定期コースですが、お届け日に商品がだいぶ余っていたり逆にすでに使い切っていたりします。
そこで周期変更がしやすい育毛剤は、薬用ハリモアかマイナチュレ育毛剤のどちらかを調べておきましょう。

薬用ハリモアは、次回お届け日の10日前までに連絡を入れ、届け日の変更を伝えればOKです!
マイナチュレ育毛剤は、発送予定日の7日前までに連絡を入れます。
解約のときと同様に、電話かWEBページのどちらかを選ぶことができます。

電話だと受付時間は決まっていますが、WEBからの連絡だと時間を気にせず手軽に周期変更を行う事ができるので良いですよね!
周期変更がしやすい育毛剤は、マイナチュレ育毛剤だと思います

ハリモアとマイナチュレのキャンペーンを比較

マイナチュレとハリモアのキャンペーンのお得度を比較

薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤のキャンペーンの比較を行っていきます。
誰もがお得に育毛剤を購入したいと考えていると思います。
そこで最新キャンペーンをチェックして、どちらの育毛剤がよりお得な内容なのかを見ていきましょう。

まずは薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤の最新キャンペーンを表にしてみました。

 ハリモアマイナチュレ
価格7,600円3,800円5,745円980円
キャンペーン内容・30日間返金保証
・送料無料
・マイナチュレシャンプー1本
・500円分のポイント
・180日間返金保証
・送料無料
キャンペーンの条件・定期コースの利用・定期コースの利用
・支払方法にクレジットカードを選ぶ

(表:ハリモアとマイナチュレの最新キャンペーン比較(2017年4月時点))

このように表にしてみると一目瞭然です。
最新キャンペーンの内容がより良いのは、マイナチュレ育毛剤です
価格が安いにも関わらず、特典が充実しています!
500円分のポイントは次回の購入から使えるので、継続するときに活用できて助かります。
ただしこのポイントを貰うには、条件に示したように支払方法にクレジットカードを選ぶ必要があります。

【まとめ】ハリモアとマイナチュレの比較結果一覧

マイナチュレとハリモア、比較のまとめ

最後に薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤を比較してきた結果を、まとめていきたいと思います。
成分、口コミ、私が実際に使ってみた感想、公式サポートの手厚さ、コスパ、定期コースのシステム、最新キャンペーンの比較の結果です。
一体どちらがより良い育毛剤だと言えるのでしょうか?

成分から見ると…

成分を比較した面から見ると、

マイナチュレ育毛剤

「血行促進重視」「敏感肌」「脂性肌」「更年期」「30代」

と言うワードのいずれかに当てはまる女性に向いていると言えそうです。

対して、ハリモア

「保湿効果」「フケ・かゆみ予防」「敏感肌」「乾燥肌」「産後の抜け毛」「40代」「50代」

と言うワードのいずれかに当てはまる女性に向いていると言えそうです。

口コミから見ると…

口コミを比較すると、薬用ハリモアの方がおすすめです

薬用ハリモアは、抜け毛や育毛・発毛、髪のハリコシに効果があったという口コミ数が、マイナチュレ育毛剤より多かったです。
実際に使った人からの感想なので、参考になりますよね。

今回の比較で調査した口コミの総数を見ると、薬用ハリモアは32件、マイナチュレ育毛剤は202件です。
ここまで差があるので、今回は数だけではなく全体に占める割合も吟味して比較しています。
それでも抜け毛に関する口コミは、薬用ハリモアの方が多いんですよ♪

次に口コミの年齢数の比較では、30代、40代、50代ともにマイナチュレ育毛剤の方が多いです。
これはやはり総数が違うので、このような結果となりました。

私が使ってみた感想から見ると…

私が使ってみた感想から比較すると、

薬用ハリモア
「使用目安が分かりやすい」「べたつかない」
と言うワードのいずれかを重視したい方に向いていると言えそうです。

対して、マイナチュレ育毛剤
「ノズルが使いやすい」「残量確認がしやすい」「使い方が楽」「無香料」「べたつかない」
と言うワードのいずれかを重視したい方に向いていると言えそうです。

公式サポートの手厚さから見ると…

公式サポートの手厚さから比較すると、マイナチュレ育毛剤がおすすめです
マイナチュレ育毛剤は、毛髪の専門家によるサポート体制が準備されています。
それだけではなく、メールでの相談も受け付けており24時間いつでも利用できるのは忙しい方にも嬉しいですよね。
さらに返金保証を比較してみても、マイナチュレの方が期間が長くて有難いです。

ただし返金保証の条件や返金方法だけを見ると、薬用ハリモアの方が簡単で良いです。

コスパから見ると…

コスパから比較すると、

1本がどれだけ長持ちするかは、薬用ハリモアもマイナチュレ育毛剤も大差ないと考えられます。
お得に始められるお試しセットに関しても、どちらも準備されておらず、通常の1ヶ月分を購入して始めるのも同じです。
通販の手数料に関しては、どちらも定期コースで購入すれば送料が負担されます。
1回のお届けにつき650円かかるので、これは嬉しいですね!
マイナチュレ育毛剤の定期コースだと、送料だけではなく代引き手数料、後払い手数料まで負担してもらえてお得です!

価格を見てみると、通常、定期コース共にマイナチュレ育毛剤が安く購入できます。
3か月、6か月、12か月…と長くかい続けた場合、2つの合計の差も大きく開いていきます。

よってコスパから比較すると、マイナチュレ育毛剤の方がお得なのでおすすめです

定期コースのシステムから見ると…

定期コースのシステムから比較すると、

薬用ハリモアは、購入回数に縛りがない点が良いです。
自由にいつでも解約ができるのは、手軽ですよね。

マイナチュレ育毛剤は、解約方法が楽で、お届けの周期変更がしやすい点が良いです。
これらの連絡に電話だけではなくWEBページからもメールで連絡できるようになっているので、時間にとらわれることもなくいつでも手続きができます。
解約については直接相手話す必要がないのも気が楽です。

定期コースのシステムから見ると、マイナチュレ育毛剤の方が手軽でおすすめです

最新キャンペーンから見ると…

最新キャンペーンから比較すると、マイナチュレ育毛剤の方がおすすめです
価格は安いのにキャンペーン内容が充実しています。
マイナチュレシャンプーが1本おまけで付いてくるのは、嬉しいプレゼントですよね!
返金保証期間が180日間とかなり長いことも、じっくりと効果を試すことができて有難いです。
180日なんて、商品によっぽど自信がないと出来ないですよ。

キャンペーンの条件に関しては、どちらも定期コースを利用することとされており同じです。
ただしマイナチュレ育毛剤は、500円分のポイントを貰うには支払い方法にクレジットカードを選ぶことが条件となります。

今回薬用ハリモアとマイナチュレ育毛剤をあらゆる角度から徹底比較を行いましたが、いかがだったでしょうか。
頭皮や頭髪に関する悩みを抱えている場合、育毛剤を長く使い続けることで改善が期待できます。
自分に合った育毛剤をとことん吟味して探し出してみてくださいね!

【初回半額】薬用ハリモアのキャンペーンサイトはこちら
【初回980円】マイナチュレ育毛剤のキャンペーンサイトはこちら

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*