デルメッドヘアエッセンスの成分解析をしました

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

デルメッドヘアエッセンスの成分を解析しました

三省製薬の女性用育毛剤デルメッドヘアエッセンス、安いしすごく気になりますよね。
でも、成分を見ても、イマイチ良いのか悪いのか…判断が付きませんよね。

そこで、デルメッドヘアエッセンスの全成分を調べ、よりわかりやすく分類。
私なりに解析をしてみました。

Contents

デルメッドヘアエッセンスの全成分はこちら

デルメッドヘアエッセンスの全成分

まずは、全成分をざっと確認してみましょう!
デルメッドヘアエッセンスを販売しているデルメッドの公式サイトを調べてみると、下記のように全成分が掲載されています。

6-ベンジルアミノプリン*、グリチルリチン酸2K*、サリチル酸*、マテ茶エキス、オオムギ発酵エキス、ホップエキス、エタノール、dl-カンフル、メントール、親油型オレイン酸グリセリル、水酸化Na、PEG-8、PG、POEオレイルエーテル、POE硬化ヒマシ油、香料
引用:デルメッド公式サイト

ちなみに製品の箱にも、実際にちゃんと同じ成分が書いてあります。

デルメッドヘアエッセンスの箱にも、公式サイトと同じ成分表が書いてあります。

それにしても、これまでマイナチュレやベルタなど、配合成分がめちゃくちゃ多い女性用育毛剤を見てきた私からすると、成分数はかなり少ない印象です。
いや、ベルタが多すぎるのか?(笑)
ちなみに、ベルタ育毛剤は業界最大級の56成分だそうです。

ちょっと話がそれましたが…
成分をささ~っと見ると、「酸」と付くものが多いので、ちょっと大丈夫なのかなぁ~なんて、不安になってしまいますね。

でも、大丈夫!
こういう成分は、一つ一つ見てどんな効果や配合目的があるかを知ることで、「な~んだ、そんな成分だったのね」と不安を解消することができます。

さっそく、詳しく見て行ってみましょう!

この記事では、目次にある通り効果別に成分を分けていますが、一番下の方では、すべての成分を表にまとめています。
自分で気になる成分だけサッと調べたいと言う方は、下記アンカーリンクからご確認くださいね。
デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表

デルメッドヘアエッセンスの成分を私なりに解析してみました

デルメッドヘアエッセンスの成分解析

それでは、さっそくデルメッドヘアエッセンスの全成分を私なりに解析していきたいと思います!

成分の効果・効能については、書籍「化粧品成分ガイド 第6版」「化粧品成分検定公式テキスト」を主に参考にしています。
その書籍に載っていない成分については、上記の本の著者の一人、久光一誠さんが運営されているCosmetic-Infoを参考。
それでも記載がないものや情報が足りない成分については、その成分を配合している化粧品ブランドの成分解説など、個人のブログやサイトなどではなく、企業ホームページを参考にさせていただいています。

デルメッドヘアエッセンスの育毛・発毛成分

まずは、育毛剤の効果として期待したい、デルメッドヘアエッセンスの育毛・発毛成分について見ていきたいと思います。

例えば、血行促進成分、抜け毛予防成分、女性ホルモン様成分などがありますので、その3つに分けてみました。

デルメッドヘアエッセンスの血行促進成分

デルメッドヘアエッセンスの血行促進成分は、

  • dl-カンフル

が該当しました。

このdl-カンフルがどんな成分かと言うと、クスノキに多量に含まれる成分なんだそうです。
字面だけじゃまったく想像の付かない成分ですよね。

そのクスノキの木片から水蒸気蒸留を行うか、合成によって現在は作られている成分なんですって。

基本は清涼剤の目的で使用されるので、始めは清涼感が感じられるそう。
だけど、血液循環を盛んにする働きがあるので、カーッとした熱感を感じるんだそうです。

この血液循環が頭皮を元気にするお手伝いをしてくれて、さらにかゆみ止めや毛根の活性化の効果も期待できるのだとか。
さらに、防腐効果もあったりするそうです。
すごく万能な成分なんですね!

その他、詳細な成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの抜け毛予防成分

デルメッドヘアエッセンスの抜け毛予防成分該当する成分がありませんでした。

有効成分の6-ベンジルアミノプリン(CTP)には、抜け毛予防効果も期待できるようですが、成分を調べた限りではそこまで明確な情報が得られなかったため、こちらには掲載していません。
6-ベンジルアミノプリンについては、少し下の「その他の育毛成分」と言うところで書いているので、参考にしてみてくださいね。
デルメッドヘアエッセンスのその他の育毛成分

デルメッドヘアエッセンスの女性ホルモン様成分

デルメッドヘアエッセンスの女性ホルモン様成分は、

  • ホップエキス

が該当しました。

ホップエキスは、そう、あのビールの原料にもなっているホップです。
クワ科植物ホップの雄花穂から抽出しているんですって。

実験では、女性ホルモンの一種であるエストラジオールと同じ効果を持っていると言う結果が出ているんですって。
他には、収れん作用、殺菌効果、鎮静効果があるんだそうです。

女性ホルモン様成分は、FAGA(女性男性型脱毛症)と言う、女性版AGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑えると言われているんだそうです。
男性の薄毛と同じ症状が出るとのことなので、M字部分が危ないだとか、つむじの薄毛が気になる場合は、入っていると予防として良い成分なのではないでしょうか。

あとは、食べ物や運動で女性ホルモンのバランスを保つことも予防になるので、育毛剤だけじゃなくそちらにも気を配っていきたいですよね。

その他、詳細な成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

女性ホルモン様成分は、他の女性育毛剤にも配合されている場合が多いです。
下記のリンクをタップまたはクリックすると、その成分を配合している育毛剤の記事の一覧が見れます。
女性ホルモン様成分を配合している女性育毛剤一覧

デルメッドヘアエッセンスのその他の育毛成分

デルメッドヘアエッセンスの有効成分6-ベンジルアミノプリン(CTP)と言う成分が配合されています。
この成分、元々は植物の成長促進剤として使われているそうで、調べた段階では、そのことと育毛剤に使用されることまでしか見つけることができませんでした。

デルメッドの公式サイトによれば、女性の薄毛には特に効果がある成分なんだそう。
なんでも、年々減少する女性ホルモンによって作られる髪を生やすことを促す物質「BMP」を作りだすことを促してくれるんですって。

また、下記の文献も存在しているようです。

新育毛剤としての6-ベンジルアデニン(6-ベンジルアミノプリン) -成長期毛誘導,毛器官培養とヒト二重盲検法による評価
Fragrance J. 21巻9号
6-Benzylaminopurine(CTP)配合育毛剤のヒトにおける有効性 皮膚40巻4号
引用:デルメッド公式サイト

デルメッドではモニター調査もしていて、この6-ベンジルアミノプリン(CTP)を配合した育毛剤を20代~70代の女性約700人に対して実施しています。
しかも、1ヶ月やそこらじゃないんです。
8ヶ月間と言う長期に渡ってモニタ―調査しているんです。

その結果、80%の女性が抜け毛が減ったと実感し、73%の女性が髪がしっかりしてきたと実感したそう。

デルメッドを販売している三省製薬は、研究を元に原料を開発している製薬会社でもあります。
その会社がこれだけ力を入れているとなると、かなり期待が持てそうな気がしてきますね。

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮トラブルケア成分

育毛成分の次は、デルメッドヘアエッセンスの頭皮トラブルケア成分を見ていきます。
フケやかゆみ、ベタつき、たるみ、ニオイケアなど、40代以降の頭皮って何がどうなるかわからない。

だからこそ、予防してくれる成分はありがたいですね!
さっそく見ていきましょう!

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のフケ・かゆみ予防成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のフケ・かゆみ予防成分は、主に消炎効果やフケ・かゆみの予防と明確に書いている成分を集めました。
そうすると、

  • グリチルリチン酸2K(有効成分)
  • dl-カンフル
  • メントール

が該当しました。

有効成分であるグリチルリチン酸2Kは、漢方などでもおなじみ、甘草のことです。
強力な消炎効果があると言われています。
市販のかゆみ止めクリームや薬用化粧水などにも入っていることが多いので、かなり馴染みのある成分ではないでしょうか。

dl-カンフルは、血行促進成分のところでも出てきましたね。
かゆみ止め効果があるので、日ごろ頭皮のかゆみが出やすい女性にはぴったりではないでしょうか。

メントールは、上から順番に読んでくださっている方にとっては初めて出てきましたね。
メントールはいわゆるハッカのことで、シソ科植物ハッカに多く含まれる成分。
また、合成によっても作られるんだそうです。今の時代はすごいですね…

メントールと言うとスーッとした清涼感が有名ですが、鎮静効果があるとのこと。
他にも、細胞を活性化する効果や配合成分の浸透を促進する効果もあるんですって。

私も良く仕事中にムズムズっときて掻いてしまうことが多いから、デルメッドはもう現段階で興味津々です!

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のべたつき予防成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のベタつき予防成分は、

  • ホップエキス

が該当しました。

ホップエキスは、女性ホルモン様成分のところでも出てきましたね。
収れん効果、殺菌効果、鎮静効果を持っているので、脂性頭皮のトリートメント効果が期待できるのだそうです!

元々脂性肌で、シャンプーなどで対策してもすぐべたついてしまうと言う女性には、なかなか良いのではないでしょうか?

そして、年々肌だけでなく頭皮も乾燥するので、前はべたつきなんてなかったのに…と言う女性、一定数はいるんですよね。
そんな女性にも、デルメッドヘアエッセンスはおすすめできるのかなと思います。

ちなみに、頭皮のベタつきは頭皮が乾燥しすぎているために起こることもあります。
そのためにも保湿は必須!
デルメッドヘアエッセンスの保湿成分については、こちらで書いています。
デルメッドヘアエッセンスの保湿成分

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のたるみ予防(収れん)成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のたるみ予防成分は、

  • ホップエキス
  • エタノール

が該当しました。

ホップエキス、女性ホルモン様成分と頭皮のべたつき予防成分に続いて、ここでも出てきました。
とても万能なんですね、ホップエキス!

これまでのところでも書いた通り、ホップエキスは収れん効果があるので、頭皮の引き締め作用が期待できます。

肌と同じように頭皮もたるむと言われていますよね。
そのたるみが顔のたるみに繋がったり、頭皮の毛穴のたるみに繋がります。
頭皮の毛穴がたるむと、うねったツヤのない髪が生えてくる原因にもなるので、ぜひ私も取り入れたいところです…

エタノールはと言うと、こういう成分が気になる女性には、おなじみなのではないでしょうか。
いわゆる、アルコールと言うやつですね。
元々敏感肌の女性や生理前に肌が敏感になってしまう女性には、刺激になってしまう成分ですよね。

ゆえに敬遠してしまう女性も多いエタノールですが、殺菌作用や清涼作用、肌の引き締め作用があるんです。
同時に、育毛剤の成分をを均一に溶かすことを助ける作用や防腐作用があります。

そして、成分表を見てみると、ホップエキスやオオムギ発酵エキスと言った植物エキスの次にエタノールが来ています。
化粧品成分検定公式テキストによると、こうした植物エキス類の後ろにエタノールが来る場合は、エタノールは製品の1%以下の配合と考えて良いそうです。
つまり、刺激になる可能性が極めて低いって言うことなんですね。

ですので、デルメッドヘアエッセンスにもエタノールは入っていますが、スーッとした感じやエタノール特有の香り、刺激は少ないと考えていいと思います。

もしも、やっぱり不安だから、最初からエタノールを全く配合していない女性育毛剤が良いな…と思った女性はこちら。
女性育毛剤の中でも数が少ないですが、エタノールフリーの女性育毛剤をこちらでまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
エタノールフリーの女性育毛剤一覧

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮の毛穴ケア成分

デルメッドヘアエッセンスの毛穴ケア成分は、殺菌効果や抗菌、静菌と言った効果が書かれている成分をピックアップしました。
そうすると、

  • サリチル酸(有効成分)
  • ホップエキス
  • エタノール

が該当しました。

有効成分のサリチル酸は、セイヨウシロヤナギと言うヤナギの一種から発見された成分なんだそう。
ニキビケアでおなじみのプロアクティブが運営するニキペディアと言うサイトにくわしく掲載されています。
参考:ニキペディア

サリチル酸には、雑菌の繁殖を防ぎ、角質を柔軟にする働きがあるそう。
ニキビケア成分としては王道の成分なんだそうですね。

私も気が付くと頭皮に赤くぽつっと出来物ができていたりするから、私みたいな頭皮の人には良さそう♪

ホップエキスは殺菌効果があるとのことなので、こちらに掲載しています。

エタノールは、頭皮のたるみ予防(収れん)成分のところでも出てきましたね。
殺菌効果があるとのことなので、こちらに掲載しています。
たしかに、注射の前とかアルコール消毒しますもんね。それを考えると納得です。

その他、成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のニオイケア成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のニオイケア成分は、特に配合されていないようです。

デルメッドヘアエッセンスには頭皮のべたつき予防や静菌・抗菌効果のある成分もちゃんと入っていますし、あまりこの成分に固執しなくてもいいかなとは個人的に思いますけどね。

頭皮のニオイが気になる…と言う女性はシャンプーなどでも対策をするのがまずは一番!
それから、頭皮のニオイケア成分となるポリフェノールやフラボノイドを含む成分が配合された女性育毛剤を使うのが良いのかなと思います。
茶エキス(チャ葉エキス)やイチョウエキスがそれにあたるので、それらが配合されている女性育毛剤から選んでみてくださいね。
チャ葉エキスが配合されている女性育毛剤一覧
イチョウエキスが配合されている女性育毛剤一覧

デルメッドヘアエッセンスの保湿・美容成分

ここまでは、デルメッドヘアエッセンスの全成分を育毛成分と頭皮トラブルケア成分の2つに分けて、細かく見てきました。
なかなか充実した成分ばかりで、現段階で私はかなり使ってみたい気持ち♪

次は、デルメッドヘアエッセンスの保湿成分と美容成分(抗酸化成分、抗糖化成分、その他のエイジングケア成分)について見ていきましょう!

デルメッドヘアエッセンスの頭皮の保湿成分

デルメッドヘアエッセンスの保湿成分は、

  • PEG-8
  • PG

が該当しました。

PEG-8の「PEG」はポリエチレングリコールの略で、なんとなく察しの付く方もいるかもしれません。
そう、このPEG-8は旧指定表示成分であり合成ポリマーの一種なんですね。

こうして聞くとあまり良い印象がありませんが、ホワイトニング系や色素沈着を取る系の歯磨き粉にも含まれていることが多いようなので、それらの製品を使って合わなかった経験がない限りは、全く問題ないかと思います。

また、PEG-8は水性の保湿剤とのこと。
頭皮に毎日付けたとしても、シャンプーをして頭皮を洗えば、保湿成分として頭皮にとどまっているPEG-8もちゃんと落とすことができるってことですよね。
だったら、全然問題ないのではないかなぁと私は思っています。

PGはプロピレングリコールの略。
ドラッグストアなどで売っている化粧品には結構な確率で入っていると思います。
嘘だ~と思う方は、家にある化粧品をいくつか見てみてくださいね。

このPGは、グリセリンに似た保湿効果や見た目を持っているけれど、グリセリンよりはさっぱりとしているのが特長だそうです。

ものすごく余談な上に個人的な感想だけれど、何だかこれまでの育毛剤を見ていると、必ずと言って良いほど植物由来の保湿成分やヒアルロン酸などの動物成分が入っていたので、なんだか不思議な感じがします。
私の感覚がおかしくなってきたのかな(苦笑)

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮の抗酸化成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮の抗酸化成分は、

  • マテ茶エキス

が該当しました。

やっと出てきました!マテ茶エキス!
数年前、すごく流行りましたよね~!
爆発的に流行って、早々に終息した記憶があります(笑)

そんなマテ茶エキス、調べてみると、なんとデルメッドヘアエッセンスを販売している三省製薬が製造している原料らしいのです!
化粧品成分ガイド第6版には記載がなかったのでCosmetic-Infoを調べてみると、そのマテ茶エキスの原料ページに三省製薬へのリンクが載っていました。
他にもいくつかマテ茶を使った原料があったんですけど、医薬品としてではなく化粧品としての名称だけだったり、デルメッドヘアエッセンスに配合されていない成分が混ざっていたりする原料だったので、違うかなと思いました。

そんな三省製薬のマテ茶エキスには、フリーラジカル除去作用があるとのこと。
また、毛髪の紫外線ダメージ抑制作用もあるんですって。

このフリーラジカルと言うのは、活性酸素の一部のような感じでしょうか。
どちらにせよ、私たちの頭皮や皮膚を酸化、変質させてしまうものだそうです。。。恐ろしい。。。
それらを除去してくれるなら、すごくありがたいですね!

ちなみに、抗酸化については日本抗酸化学会と言う学会まで存在しているんですって。
サイトを読むだけでも、酸化で体にどんなことが起こるかなど、いろいろためになる情報が書いてありました。
参考:日本抗酸化学会

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮の抗糖化成分

デルメッドヘアエッセンスの**頭皮の抗糖化成分は、

  • マテ茶エキス

が該当しました!

すごい!マテ茶エキスには抗糖化作用もあるんですね。
そりゃあれだけ話題にもなりますよね。
もう売ってないのかな、マテ茶。また飲みたいな…

抗糖化化粧品として有名なのは、ポーラのB.Aシリーズですよね。
以前、B.Aが抗糖化化粧品の最先端だと言う話を目にしました。

育毛剤もまだまだ抗糖化成分が配合されているものは少ないけれど、これからどんどん増えるでしょうね。
デルメッドヘアエッセンス以外の抗糖化成分を配合した育毛剤はこちらから確認できます。
抗糖化成分配合の女性育毛剤はこちら

糖化は、髪にとって抜け毛や髪のツヤ低下の原因にもなってしまうんだそう。
食べ物やサプリメントなどでも対策はできるので、40代以降はより一層気をつけていきたいものですね。

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のエイジングケア成分

デルメッドヘアエッセンスの頭皮のエイジングケア成分は、

  • 6-ベンジルアミノプリン(有効成分)
  • マテ茶エキス
  • オオムギ発酵エキス
  • メントール

が該当しました。

有効成分の6-ベンジルアミノプリンは、その他の育毛成分のところでも出てきました。
デルメッドヘアエッセンスのその他の育毛成分
育毛効果の他にも、老化防止作用があるとのことで、エイジングケア成分に含めています。

マテ茶エキスは、抗酸化、抗糖化…ときて、ここにも出てきました!
なんと、美白作用もあるとのこと。
本当にエイジングケア成分として持ってこいなんですね。

マテ茶エキスはおそらく三省製薬が作った原料だろうと言うことは抗酸化成分のところにも書きましたが、実はもう1つ、三省製薬が作った原料が含まれているようなんです。

それが、オオムギ発酵エキス
なんでも美白作用があるんですって!

デルメッドは育毛剤以外にも化粧品を取り扱っていて、その中に美白とハリをケアするラインがあります。
もちろん、それにもオオムギ発酵エキスが入っているんです。
肌と同じように頭皮にもシミができるし、育毛剤で同時にケアできるなら嬉しいですね。

メントールは、細胞の賦活効果があるとのことで、エイジングケア成分に入れました。
賦活(ふかつ)効果って、簡単に言えば細胞の働きを活発にしてくれると言うこと。
頭皮も肌と同じようにターンオーバーを繰り返しているけれど、どうしても加齢によってターンオーバーが遅くなってきてしまいますよね。
そうなると、紫外線や乾燥でダメージを受けても修復しにくくなってしまうし、抜け毛にもつながるしで全くいいことがありません。
だからこそ、この賦活効果のある成分って入っていればすごく嬉しいし、エイジングケアには重要!だと私は思っています。

その他、成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの髪のボリュームアップ成分

デルメッドヘアエッセンスの髪のボリュームアップ成分は、特に該当する成分はありませんでした。

つまりは、使えばすぐボリュームアップした感覚を得るような効果はおそらくあまり得られないのかなと思います。
(口コミを見ても、使ってすぐふわっとした~みたいな口コミは少なかったし)

けれど逆を言えば、じっくりと時間をかけて、根本からボリュームアップをはかれる育毛剤であると言うこと。
他の育毛成分を見ても、見掛け倒しじゃないってことが分かりますしね。

もし、即効性のあるボリュームアップ効果が欲しい場合は、ボリュームアップ系のシャンプーを試してみたり、パンテノール(D-パントテニルアルコール)が配合されている育毛剤を使うと、髪のハリとツヤがアップして、ボリュームアップ効果を得ることができるかと思います。
パンテノールを配合ししている育毛剤の一覧は、こちらからどうぞ。
パンテノール配合の女性育毛剤の記事一覧

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスの髪を伸ばす成分

デルメッドヘアエッセンスの髪を伸ばす成分は、

  • 6-ベンジルアミノプリン(有効成分)

が該当しました。

デルメッドヘアエッセンスのその他の育毛成分のところでも書きましたが、6-ベンジルアミノプリンは、元は植物の成長促進剤として使用されていたとのこと。
それが、こうして育毛成分として応用されているんですね。
デルメッドヘアエッセンスのその他の育毛成分

また、デルメッドの研究結果を公開しているページでは、この6-ベンジルアミノプリン(CTP)を使った実験で、毛の成長スピードがアップしたと言う内容が、画像付きで公開されています。

ちゃんと画像まで付けて公開しているんですから、かなり期待大!ではないでしょうか。

その他、詳しい成分の由来や効果、効能については、この記事の一番下、デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表に記載しています。

デルメッドヘアエッセンスは無添加?添加物についても詳しく解析

デルメッドヘアエッセンスって無添加なの?

ここまでは、育毛成分やエイジングケア成分などなど、育毛剤として期待したい効果がデルメッドヘアエッセンスにあるのかを見てきました。
次は、長期で使うとなると気になる添加物について見ていきたいと思います。

って言っても、添加物の意味って「添加している成分」ってことだから、結局有効成分以外は全部添加物なんですよね。
いつの間にか、「添加物=悪いもの」みたいな風潮になっているのがなんともおかしい。

まぁ、ここで言う添加物とは、「無添加」を好む方が気になる成分、アレルギーや肌が敏感な女性がそれぞれ気にすることが多い成分と言うことですね。

では、私がどの育毛剤の成分を見るときにも使っている表に、デルメッドヘアエッセンスを当てはめてみましょう。
下記表は、主に「無添加」を重視する人が気にしている成分を項目にしてみています。
(配合されているものには「●」、配合されていないものには「-」と記入しています。)

ちなみに、どの育毛剤も、●がゼロのときはないと思ってください。
大体無添加と宣伝している育毛剤で1~2つ、それ以外の育毛剤は3つ以上当てはまることが多いです。

配合成分配合有無備考(成分名など)
パラベン-
フェノキシエタノール-
エタノールエタノール
メントールメントール
合成ポリマーPEG-8
シリコン-
着色料・タール色素-
香料香料
鉱物油-
界面活性剤POEオレイルエーテル
POE硬化ヒマシ油
紫外線吸収剤-
旧指定表示成分サリチル酸
PEG-8
PG

(表:デルメッドヘアエッセンスの添加物配合有無表)

表を見ると、デルメッドヘアエッセンスは6つ該当しました。
デルメッドヘアエッセンスの公式サイトには、特に「無添加」と言った表記がされていない分、やはり上記表の「●」は多い印象ですね。
上から順番に見ていきましょう。

まず、エタノール
エタノールは他の場所でも書きましたが、成分表の順番を見る限り、植物成分の後ろに来ているんですね。
これが何を意味するかと言うと、割合的に1%以下の配合だろうと判断できるそうなんです。
(化粧品成分検定公式テキストにそのように書いてありました)

そして、1%以下の配合であれば、ツンとしたニオイやカーッと熱くなったりと言うことはないとのこと。
ですので、もしエタノールによる刺激が気になる方、過去にエタノール配合の化粧水などで肌が赤くかぶれてしまったことがある方でも、比較的選びやすい育毛剤なのではないかなと思います。

次は、メントールですね。
肌が敏感な方にとって、スーッとした清涼感も時にヒリヒリ感へ変わってしまうことがあるため、この表に入れています。
デルメッドヘアエッセンスはメントールだけでなく、エタノール、dl-カンフルと言った清涼感を感じる成分が他にも入っているので、メントール系のスーッとした清涼感が刺激になりやすい女性には、あまりお勧めできないかなと思います。

3つ目は、合成ポリマー
合成ポリマーのPEG-8は、水性の保湿成分なので洗えば落ちるものです。
頭皮を保護してくれる役割を持っているため、そこまで嫌悪する必要もないかと思います。

ですが、どうしても心理的にシリコンやポリマーは受け付けない…と言う場合。
その場合は、「無添加育毛剤」と言う括りの育毛剤には基本シリコンや合成ポリマーが使用されていないので、そちらを選ぶと良いかと思います。
無添加育毛剤の記事一覧はこちら

4つ目は、香料ですね。
香料は、基本的に合成だろうと精油を使っていようと、すべて「香料」でまとめて表記されます。
天然香料を使用している場合はそれが商品の強みになったりもするので、uruotteハーバルエッセンスのように

香料(香料(天然精油):パルマローザ、ゼラニウム、ネロリ、グレープフルーツ、ラベンダー、パチュリ)
引用:uruotte ハーバルエッセンス

と明確に書いていたりしますが、デルメッドヘアエッセンスは特にそのような表記がないので、まぁお察しの通り…と言う感じでしょうか。
あくまでも予測ですけどね。
ちなみに、香料は製品の0.1%程度でも十分な香り付けができるそう。
だとしたら、あまり気にする必要もないのかなと思います。

育毛剤によっては、香料を使用していないけれど、原料自体の香りが臭くてどうにもこうにも…と言う製品があったりします(苦笑)
それを考えたら、快適に使えるような製品づくりをしてくれているデルメッドヘアエッセンスは、個人的にすごく良いと思います。

5つ目は、界面活性剤
界面活性剤は、デルメッドヘアエッセンスではPOEオレイルエーテルと、POE硬化ヒマシ油と言う2つが使われています。
どちらも非イオン系の界面活性剤で、製品の乳化(成分を均一に混ぜ合わせる)の目的で配合されています。
ラウレス硫酸Naや石ケン素地の洗浄力が強い界面活性剤は、陰イオン系界面活性剤に分類されます。

POE硬化ヒマシ油は、マイナチュレやハリモアなど、無添加育毛剤と呼ばれる育毛剤でも乳化剤として使用されています。

6つ目の旧指定表示成分は、次で詳しくご紹介しますね。

デルメッドヘアエッセンスの旧指定表示成分チェック

デルメッドヘアエッセンスの旧指定表示成分チェック

デルメッドヘアエッセンスの旧指定表示成分は、ひとつ前の添加物の部分で表にした通り、配合されています
表の備考を参照すると、下記の3成分が該当していましたね。

  • サリチル酸(有効成分)
  • PEG-8
  • PG

旧指定表示成分は、2001年4月1日に薬事法が改定されて、化粧品や医薬部外品が全成分表示になる前まで、表示を義務付けられていた成分。
なぜ義務付けられていたかと言うと、ごくまれにアレルギーを起こす方がいるから、だそうです。

旧指定表示成分とだけ聞くと、「昔から表示が義務付けられていたなんて、結構刺激が強いんじゃ…?」と不安になってきますよね。
でも、実は生活する上で使うことが多い製品にも多く配合されているんです。

例えば、サリチル酸はニキビ対策製品や湿布薬。
PEG-8は洗顔フォームやスキンケア商品。
PGは市販のスキンケア用品やヘアケア用品、ハンドクリームなどなど。

とにかく身近なんですね。
ですので、まずは今自分が使っている身の回りのスキンケア用品、ヘアケア用品、化粧品、すべて成分を確認できるものは見てみましょう。
そこで上記の成分が使われていたなら、デルメッドヘアエッセンスを使っても、何ら問題はありません。

もしも、そこまで面倒なことしたくないしいっそ旧指定表示成分フリーの育毛剤を選べばいいんじゃないの?と言う方がいれば、旧指定表示成分フリーの育毛剤はこちらに記事一覧がありますのでぜひ参考にしてみてください。
旧指定表示成分フリーの女性育毛剤の記事一覧

デルメッドヘアエッセンスの副作用を成分的に見た私の見解

デルメッドヘアエッセンスの副作用~私の見解~

ここまで細かくデルメッドヘアエッセンスの全成分を見てきました。
それらを見るに、乾燥肌~普通肌の方なら副作用等は気にする必要はないと思います。

ただ、過度な敏感肌の方は、少し注意です。
特に、

  • ドラッグストアに売っている安い化粧水などで肌が荒れた経験がある方
  • メントールのスーッとした清涼感が刺激になってしまう方

と言ったあたりですね。

デルメッドヘアエッセンスには旧指定表示成分が入っています。
敏感肌の女性にとっては、刺激になってしまう可能性がないとは言い切れません。
ですので、まずは今自分が問題なく使えている化粧品やヘアケア商品に、同じ成分が使われているかどうかをよく確認してみてくださいね。

普通肌や混合肌、乾燥肌、脂性肌の女性は難なく使えると思います。
定期コースと言う物自体ない上に初回半額(2000円ちょっと)で買えるので、まずは1本使ってみて欲しいなと思います。
デルメッドヘアエッセンス【初回半額】キャンペーンはこちら

結論:デルメッドヘアエッセンスは、本気で抜け毛を減らしたい・育毛をしたいと考える女性におすすめだと思います(まとめ)

デルメッドヘアエッセンスの成分解析、いかがでしたか?

まとめてみると、

デルメッドヘアエッセンスは本気で抜け毛を減らしたい・育毛したいと考える女性におすすめの育毛剤

だと言うことがわかりました。

デルメッドヘアエッセンスは成分的に見て、本気で抜け毛を減らしたい!育毛したいと考える女性におすすめ!

何と言っても、CTP(6-ベンジルアミノプリン)と言う育毛に関する研究の成果が出ている成分が入っていること!
この成分は、これまで10本以上育毛剤を見て使ってきたけど、初めて見た成分でした。
ちゃんと論文などもあって、信用できると言うのがかなり良いと思います。

また、かゆみを予防する成分が入っているので、頭皮がかゆくなりやすいと言う悩みを同時に抱える女性にもおすすめできると思いました。
私もこれまで育毛剤を使ってきて、フケは改善してきたけど、かゆみがまちまちなのよね。
だから、今試している最中だけど、現段階で買って良かったな~と思っています。

初回は2,000円ちょっとで買えるので、おすすめです♪
何より定期購入じゃなくてもこの値段で買えるのが良い♪
デルメッドヘアエッセンス【初回半額】キャンペーンはこちら

最後にもう一度おさらいと言うか、確認です。
デルメッドヘアエッセンスはマイナチュレやハリモアのような無添加育毛剤に分類される女性育毛剤ではありませんので、その点はお忘れなく。
エタノールに関しては配合量がそこまで多くないようなので問題ないかと思います。
ですが、メントールが刺激になってしまう方、旧指定表示成分や合成ポリマーがどうにも気になってしまう方は、別の育毛剤を使うことをおススメします。
無添加育毛剤の記事一覧はこちら

デルメッドヘアエッセンスの成分Q&A … 併用や症状など気になる方向け

デルメッドヘアエッセンスの成分に関するQ&A

上では一旦まとめましたが、上の成分を見ていくだけでは分かりにくい内容についても、Q&A形式で書いていってみようと思います。

デルメッドヘアエッセンスはヘアカラー・パーマとの併用OK?

デルメッドヘアエッセンスはヘアカラーやパーマをしていても、併用OKです。

ですが、エタノールが入っているのでヘアカラーをした直後は色落ちしてしまう可能性があります。
デルメッドヘアエッセンスの公式サイトにはカラーを行った当日は使用しないようにとのことですので、翌日以降の使用をおすすめします。

もし、色落ちや退色を気にすることなく育毛剤を毎日使いたいという方には、エタノールフリーの育毛剤の使用をおすすめします。
エタノールフリーの女性育毛剤の一覧はこちら

デルメッドヘアエッセンスに白髪を予防する成分は入っているの?

デルメッドヘアエッセンスには、明確に白髪を予防すると言われる成分は入っていません。

ですが、ちょっと期待ができそうなのがホップエキスです。
と言うのも、大手化粧品メーカーの資生堂が、キリンビールとの共同開発でホップエキスに含まれる成分が白髪化に関与する遺伝子を制御する効果があることを発見したという資料があります。
参考:資生堂、「ホップ」に白髪化に関与する遺伝子の制御効果を発見 ~キリンビールとの共同研究によりホップに含まれる“有効成分”を特定~ – 資生堂

それから、デルメッドヘアエッセンスの公式サイトには、オオムギ発酵エキスに対して、

黒色メラニンの生成を促す働きがあります。
引用:デルメッド公式サイト

との記載があります。

白髪はどんどん増えてくるし、育毛しながら白髪ケアもできるとあれば、一段と使ってみたくなりますね。
デルメッドヘアエッセンス【初回半額】キャンペーンはこちら

デルメッドヘアエッセンスで抜け毛増えない?悪化しない?

デルメッドヘアエッセンスは医薬部外品として正式に販売されている商品ですので、間違った使い方をすることがなければ、抜け毛が増えたり悪化したりと言うことはないと思います。

抜け毛が尋常じゃない増え方をしない限り、ヘアサイクルを整えるために抜け毛が一時的に増える、と言うのも、育毛にはよくあることとして挙げられています。
デルメッドヘアエッセンスに関わらず、医薬部外品の育毛剤は即効性があるものではないので、まずは3~6ヶ月程、使ってみることをおすすめします。
私的には、加齢によってヘアサイクルが整うまでに時間がかかることを想定して、多めに見た6ヶ月がおすすめです。
デルメッドヘアエッセンスであれば、1本で1.5~2ヶ月使えるので、3~4本使ったときが切り替えを検討するときですね。

もし、抜け毛が増えたまま半年経過しても改善しなかったり、短期間で劇的に抜け毛が増えてしまった…と言う場合は、すぐに使用を中止して、病院を尋ねてみることをおすすめします。
それは、肌に合わない可能性、または市販の育毛剤ではどうにもならず治療が必要な場合があるためです。
近くの皮膚科でも良いですし、薄毛治療に特化した専門病院も今はたくさんあります。

女性専門の薄毛治療病院もどんどん増えてきています。
初回のカウンセリングは無料と言うところが多いので、医薬部外品の育毛剤ではどうにもならない…と言う場合は、公式サイトを覗いてみてくださいね。
全国に提携院がある東京ビューティークリニックの公式サイトはこちら

デルメッドヘアエッセンスってヒリヒリしない?

基本的に、デルメッドヘアエッセンスは使うことでヒリヒリすることはないと思います。
ただ、敏感肌の方、ひどい頭皮トラブルを抱えている方、スーッとした清涼感が苦手な方は、要注意です。

デルメッドヘアエッセンスにはメントールが配合されているので、付けるとスーッとした清涼感があります。
それが刺激になってしまう方がいますし、傷などがあると滲みてしまいますね。
ですので、事前にメントールが入っていることを考慮した上で、購入してください。

より刺激が少なくやさしい育毛剤を選びたい場合は、マイナチュレやハリモア、ベルタ育毛剤と言った無添加育毛剤と呼ばれる育毛剤がおすすめです。
無添加育毛剤の記事一覧はこちら

また、エタノールフリー(ノンアルコール)の育毛剤も刺激が少ないと思います。
エタノールフリーの女性育毛剤の記事一覧はこちら

デルメッドヘアエッセンスってどういう人に合わないの?

デルメッドヘアエッセンスは、下記のような方に合わないと思います。

  • 化粧品選びに苦労する敏感肌の女性
  • 無添加を好む女性

デルメッドヘアエッセンスには、旧指定表示成分やエタノール、メントールなど、肌の刺激になりやすい成分が多々含まれています。
また、水性ながら合成ポリマーも配合されていますので、無添加にこだわる方には合わないのではないかなと思います。

デルメッドヘアエッセンスってどういう人に合うの?

デルメッドヘアエッセンスは、成分的に見て下記のような方に合うと思います。

  • 論文などが揃っていて信頼できる育毛成分が入った育毛剤を使いたい方
  • 育毛剤は付けたことが分かるよう清涼感が欲しい方
  • 育毛ケアは香り付きで癒されながら行いたい方
  • 抜け毛・薄毛とともにかゆみも気になる方

デルメッドヘアエッセンスには、CTP(6-ベンジルアミノプリン)と言う発毛に関する研究発表がされている成分が配合されています。
口コミを見てもなかなか効果の高さが伺えるので、期待が持てますよね。
こちらのページで@コスメや楽天などの口コミを集計した記事を書いているので、客層や効果の程をぜひ知ってくださいね。
デルメッドヘアエッセンスの口コミ・評判をまとめました

そして、育毛剤にありがちと言ってはなんですが、デルメッドヘアエッセンスはスーッとした清涼感があります。
メントールなどの清涼感を感じる成分が入っていないと、なんだか付けた感じがしなかったり、付けた場所が分からなくなったりすることが合ったりするんですよね~
これは好みによると思いますが、付けた感や清涼感を感じたい女性には、デルメッドヘアエッセンスおすすめです♪

香りも、最近は無香料のものが多く出てきている印象ですが…
個人的には、やっぱり香りがあると癒し効果もあるし、良い香りなら全然OK!って思ってます。
デルメッドヘアエッセンスはシトラスフローラルの香りらしいです。
実際に私も嗅いでみましたが、スーッと鼻を通り抜けるさわやかな香りがしますね。
かと言って強い香りでもなく、頭に鼻を近づけると香るなぁと言うくらいなので、他の香りを邪魔することはなさそうです。

そうそう!忘れてはいけない!
デルメッドヘアエッセンスにはかゆみや赤み、フケを予防してくれる成分も充実しています。
ですので、抜け毛・薄毛のお悩みと同時に頭皮が乾燥しやすい女性やかゆみが出やすい女性には特におすすめです!

初回半額!デルメッドヘアエッセンスが2,000円ちょっとで買えるキャンペーンはこちら

デルメッドヘアエッセンスにミノキシジルって入ってる?

いいえ、入っていません。
ミノキシジルが入っている市販の女性育毛剤は、リアップリジェンヌだけですね。

他のミノキシジル配合育毛剤は、皮膚科や薄毛治療専門病院での処方になります。
ミノキシジルは薄毛の度合いによって医師がどれくらい処方するかを決めていきます。
自分の判断だけで個人輸入を使い、濃度の高いものをいきなり使う…なんていうのは悪化する可能性もありますので、絶対やめてくださいね…。

デルメッドヘアエッセンスにパラベンは入ってる?

いいえ、入っていません。

また、最近パラベンの代わりに使われることが多い防腐剤、フェノキシエタノールも使用していません。
おそらく、ホップエキスやエタノールに殺菌効果、それからdl-カンフルに防腐効果があるので、それらで補っているのではないかなと思います。

デルメッドヘアエッセンスにアルコールって入ってる?

はい、入っています

ですが、全成分の掲載順を見ると、植物エキスの次にエタノール(アルコール)が来ています。
この場合は、製品の中にエタノールは1%未満の配合と考えて良いと化粧品成分検定公式テキストに記載がありました。

ですので、エタノールでかぶれたことのある方、肌がひりついたり赤みが出たことのある方でも、安心して使うことができると思います。

デルメッドヘアエッセンスって無香料?

いいえ、デルメッドヘアエッセンスには香料が入っています。

特に香料にどういう由来成分を使用しているかは書いていないです。
しかし、基本、製品に香料を配合する場合は0.1%以下で十分な香りが付けられるとのことですし、何より毎日頭皮は洗いますからね。
(いくら抜け毛が怖いと言っても洗わないと余計に汚れが溜まって抜ける原因になりますから…)

香りについては、デルメッドヘアエッセンスの公式サイトではシトラスフローラルの香りと書いています。
こちらの記事では、これまでデルメッドヘアエッセンスを使った方が香りについてどんな感想を持ったかなどもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
デルメッドヘアエッセンスの口コミ・評判をまとめました

デルメッドヘアエッセンスは産後の抜け毛・薄毛対策に向いてる?

デルメッドヘアエッセンスは、産後の抜け毛・薄毛対策には向いていません。

なぜかと言うと、デルメッドヘアエッセンスの外箱に答えがあります。
そこには、このように書かれているんです。

本品は経皮吸収性の高い製剤ですので、傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位への使用または母乳による授乳期間中のご使用を避けてください。

つまり、母乳育児をしていない女性なら問題ないと思います。
が!母乳育児をする予定の女性、母乳育児真っ最中の女性は、使わない方が良いってことですね。

これ、公式サイトには書いていないんですよね。
買ってから分かるのもちょっとおかしな話だし、事前に書いていてくれたら手間も省けるんですけどね。
箱の注意書き読まずに使っちゃう人だっているだろうし…

産後の抜け毛・薄毛対策用の育毛剤もいくつかあるので、産前・産後のヘアケアには最初からそちらを使うことをおススメします。
何より自分も、赤ちゃんも安心ですから。
産前・産後・授乳中に使える女性育毛剤の記事一覧はこちら

デルメッドヘアエッセンスは授乳中も使って大丈夫?

デルメッドヘアエッセンスは、授乳中の使用はできません。

ひとつ前のQ&Aでも書きましたが、理由はデルメッドヘアエッセンスの外箱に書いてあります。
その箱には、

本品は経皮吸収性の高い製剤ですので、傷やはれもの、湿疹等、異常のある部位への使用または母乳による授乳期間中のご使用を避けてください。

と書かれているんですね。

気にしないで授乳期間中に使ってしまうと、母乳を介して赤ちゃんに何らかの影響が出てしまう可能性があります。
使用を検討していた女性は残念ですが、別の育毛剤を探すか、授乳期間が終わってからの使用をしてくださいね。

産前・産後・授乳中に使える女性育毛剤は、こちらから探すことができます。
産前・産後・授乳中に使える女性育毛剤の記事一覧はこちら

デルメッドヘアエッセンスは円形脱毛症にも効果ある?

デルメッドヘアエッセンスの効果効能には円形脱毛症の記載がないので、効果はないと思います。

円形脱毛症は人によって原因がさまざまなので、まずは皮膚科に行って医師の診断を受けることをおすすめします。
また、円形脱毛症用のフロジン液と言う処方箋もあるので、そちらをまず使用した方が良いと思います。値段的にもね。

ですが、円形脱毛だった場所に毛が生えてきた場合は、成分的に見て効果が得られるのかなとも思います。

デルメッドヘアエッセンスとフロジン液は併用OK?

フロジン液は円形脱毛症用の薬ですね。
デルメッドヘアエッセンスの公式サイトには、特に他の育毛剤との併用については書いていませんが、心配な場合はかかりつけの医師に相談することをおすすめします。

デルメッドヘアエッセンスは脂漏性皮膚炎でも使って大丈夫?効果ある?

デルメッドヘアエッセンスの使用上の注意には、傷やはれもの、湿疹等がある場合は使わないように…との記載がありますので、まずは湿疹を治してから、使用することをおすすめします。

デルメッドヘアエッセンスは更年期の抜け毛に効果ある?

デルメッドヘアエッセンスは、女性ホルモンの低下によって少なくなってしまうと言われる発毛の信号を増やすよう働きかける成分が入っていますので、更年期の抜け毛には効果が期待できると思います。

更年期症状の原因は女性ホルモンの急激な減少に身体が付いていけなくなることが挙げられています。
ですので、あまりに抜け毛や薄毛、それから身体症状や精神症状が辛い場合は、婦人科などの受診をおすすめします。
(処方箋を飲んだりホルモン療法を受けることで抜け毛が治まることもあるので)

デルメッドヘアエッセンスは閉経後の薄毛に効果ある?

デルメッドヘアエッセンスは、女性ホルモンの低下によって少なくなってしまうと言われる発毛の信号を増やすよう働きかける成分が入っていますので、閉経後の薄毛にも効果が期待できると思います

ですが、閉経後の薄毛は、FAGA(女性男性型脱毛症)などを発症する可能性もあります。
なので、下記のような場合には、薄毛治療病院を訪ねてみてください。

  • デルメッドヘアエッセンスを半年使用して効果が見られない場合
  • 男性のAGAのような薄くなり方(M字、てっぺんだけ、分け目が針葉樹のような形に薄くなるなど)をしてしまっている時
  • これまでと比べて異常なほど抜け毛が増えた時

半年、と言うのは、女性専門の薄毛治療クリニックであるAACクリニック銀座の院長、浜中先生が仰っていたことを参考にしています。
アンファーのCMで北野武の後ろにいる女医さんです。
銀座AACクリニック公式サイト

上に挙げた状態の場合は、効果を期待するのはなかなか難しいと思います。
その場合は絶対病院に行った方が改善が早いです。
育毛剤を使い続けるより早く改善し、料金も安く済む可能性が高いです。

髪が細くなった、抜け毛が増えたと言ったような、薄毛にはまだ遠い悩みには、効果があると思います。

デルメッドヘアエッセンスはびまん性脱毛症に効果ある?

びまん性脱毛症はFAGA(女性男性型脱毛症)と言うものの症状である可能性があります。
その場合、病院での治療をしないと治りませんし、勝手に判断して対処すると悪化する可能性もあります。

ですので、まずは薄毛治療の専門医を訪ねた方が良いかと思います。
早く行けば行くほど、治療費も安く済みますし、飲み薬だけで改善する可能性もあります。

東京ビューティークリニックと言う女性の薄毛治療専門院は、全国に提携院がある上、初回のカウンセリングも無料なのでおすすめです。
東京ビューティークリニックの公式サイトはこちら

デルメッドヘアエッセンスとロゲインは併用OK?

デルメッドヘアエッセンスの公式サイト、本体の箱などには特に併用の記載はありません。
心配な場合は、かかりつけの医師に相談することをおすすめします。

デルメッドヘアエッセンスは抜け毛症に効果ある?

頭皮環境を整えると言う意味では効果があると思いますが、抜け毛症(抜毛症)は人によって原因がさまざまです。
内面の問題を抱えていて、それを解決またはケアすることにより治まることがありますので、まずは医師の判断を仰いだ方が賢明かと思います。

デルメッドヘアエッセンスとマイナチュレだったらどっちが良い?

デルメッドヘアエッセンスとマイナチュレ、容器が同じ感じなので似ていますよね。

まず、マイナチュレは無添加育毛剤と言われる育毛剤。
育毛剤の有効成分としては王道のグリチルリチン酸2kやセンブリエキス、酢酸DL-α-トコフェロールが使用されています。
メントールや香料、パラベン、合成ポリマー、シリコンなどなど、刺激になるものは極力なくし、植物成分をメインに構成されている女性育毛剤です。

産前・産後、敏感肌でも使えると言うのが嬉しいですね。
単品でも買えますが、定期コースなら初回の1本が980円で買えて、同ブランドの育毛シャンプーが付いてくるのが魅力です。

対するデルメッドヘアエッセンスは、無添加育毛剤の括りには入らない育毛剤です。
製薬会社の育毛剤だけあって、有効成分はグリチルリチン酸とサリチル酸、それから、研究結果がしっかり公表された発毛に必要な信号が出るよう促す6-ベンジルアミノプリンが配合されています。
メントール配合、さわやかな香り付きで、「使った感」が分かる育毛剤です。
1本で1.5~2ヶ月使えると言うのも良いですし、初回2,000円ちょっとで1本試せると言うのも魅力ですね。

効果で言えば、頭皮や髪の状態、年齢、環境様々なので一概には言えませんが、上記を参考に自分が良いと思う方を選ぶと良いと思います。
【初回980円】マイナチュレ特別キャンペーンサイトはこちら
【初回半額】デルメッドヘアエッセンスお試しキャンペーンはこちら

デルメッドヘアエッセンスとベルタ育毛剤だったらどっちが良い?

デルメッドヘアエッセンスとベルタ育毛剤は全く違う育毛剤ですが、抗糖化成分が入っていると言う共通点があります。

まず、ベルタ育毛剤は、マイナチュレと同じ無添加育毛剤と言われる育毛剤のグループですね。
違うのは、ベルタ育毛剤ではプラセンタエキスやコラーゲン、ヒアルロン酸など、動物性成分を配合していることでしょうか。
有効成分は、マイナチュレ育毛剤と同じくグリチルリチン酸2kやセンブリエキス、酢酸DL-α-トコフェロールです。
定期コースにすると毎回頭皮クレンジングがついてくるのは、本格的な育毛ケアができてとても魅力的です。
メントールや香料、パラベンなど配合されておらず、産前・産後・授乳中も使用OKです。

デルメッドヘアエッセンスは、無添加育毛剤と言うグループには属さない育毛剤です。
ですが、やはり製薬会社が作った育毛剤と言うのは信頼度が高いですね。
ベルタ育毛剤は女性の悩みに特化した製品を扱っていますが、製薬会社ではないので…
コスパで考えれば、確実にデルメッドヘアエッセンスの方がお得ですが、産前・産後・授乳中は使用できないので注意が必要です。

効果で言えば、頭皮や髪の状態、年齢、環境様々なので一概には言えませんが、上記を参考に自分が良いと思う方を選ぶと良いと思います。
ベルタ育毛剤の公式サイトはこちら
【初回半額】デルメッドヘアエッセンスお試しキャンペーンはこちら

デルメッドヘアエッセンスの成分効果一覧表 … よりマニアックな方向け

デルメッドヘアエッセンスの成分一覧表

最後に、デルメッドヘアエッセンスの全成分の由来や効果を表にまとめてみました。
私は成分の由来って結構気になるので、そちらも載せています。

デルメッドヘアエッセンスを買おうか迷っている方の1つの指針になれば幸いです。

デルメッドヘアエッセンスの有効成分の由来と効果

成分名由来配合目的
6-ベンジルアミノプリン元は、植物の成長促進剤として使われているようです。化粧品成分ガイド第6版には掲載されていなかったのと、Cosmetic-Infoにも情報がなかったので、他の原料製造会社を調べてみました。
あまり明確な情報はありませんでしたが、植物の成長促進剤の効果としては、細胞分裂促進作用や老化防止作用があるとのことです。
参考:https://www.kjchemicals.co.jp/product/purine01.html
(6-ベンジルアデニンとも呼ぶそうです。)
グリチルリチン酸2Kマメ科植物カンゾウ(甘草)の根、または茎から抽出し精製したグリチルリチン酸に、水に溶けやすくするためにカリウムを結合させた成分です。強力な消炎効果あり、肌荒れを防ぎ、健康的な肌を維持します。
サリチル酸ヤナギの一種セイヨウシロヤナギの樹皮から決勝として発見されたそうです。
参考:http://nikipedia.jp/salicylic-acid-5719
雑菌の繁殖を防ぎ、角質を柔軟にする働きがあります。

(表:デルメッドヘアエッセンスの有効成分の由来と効果一覧)

デルメッドヘアエッセンスのその他の成分の由来と効果

成分名由来配合目的
マテ茶エキスマテの葉や枝から作られたお茶から抽出しています。化粧品成分ガイド第6版には掲載されていなかったためCosmetic-Infoを探してみたところ、下記のページが該当しました。
https://www.cosmetic-info.jp/mate/detail.php?id=11547
デルメッドを開発・販売している三省製薬の製造している成分で、美白作用、フリーラジカル消去作用、抗糖化作用、毛髪の紫外線ダメージ抑制作用があるとのことです。
オオムギ発酵エキス大麦を元にした酵母エキス(微生物由来成分)のようです。化粧品成分ガイド第6版には掲載されていなかったためCosmetic-Infoを探してみたところ、下記のページが該当しました。
https://www.cosmetic-info.jp/mate/detail.php?id=11551
デルメッドを開発・販売している三省製薬の製造している成分で、美白作用があるとのことです。
ホップエキスクワ科植物ホップの雄花穂から抽出しています。収れん効果、殺菌効果、鎮静効果を持っているので、脂性頭皮のトリートメント効果や頭皮の引き締め作用の目的で配合されています。
また、実験的にエストラジオール(女性ホルモンの一種)と同じ効果を持っていることから、エイジングの防止目的でも配合されています。
エタノール穀類などのデンプンを発酵させて作ったり、科学的に合成して作られています。働きとしてはどちらも同じです。頭皮に対しては、殺菌作用、清涼作用、肌の引き締め作用があります。
育毛剤に配合する成分を均一に溶かすことを助ける作用、防腐作用があるので、ほとんどの育毛剤には入っている成分です。
dl-カンフルクスノキに多量に含まれていて、クスノキの木片から水蒸気蒸留と言う方法で抽出するか、または合成で作られています。皮膚に浸透すると始めは清涼感があり、その後血液循環を盛んにする働きがあるので、カーッとした熱感を感じます。
かゆみ止め、毛根の活性化の目的で配合されています。そのほかに、防腐効果もあります。
メントールシソ科植物ハッカに多く含まれる成分です。合成によっても作られます。清涼感が強い成分で有名ですが、他にも鎮静効果、細胞の賦活効果、配合成分の浸透促進効果があるので、育毛剤に入っていると嬉しい成分です。
親油型オレイン酸グリセリル高級脂肪酸グリセリルと呼ばれる成分の1つで、油性成分の高級脂肪酸に、水性成分のグリセリンをつなぎ合わせた成分です。油とも水ともなじむことができるので、水と油の間に入る乳化剤の目的で配合されています。
水酸化Na代表的なアルカリ剤です。pH調整剤の目的で配合されています。
PEG-8水性の保湿剤です。水に溶かすと保湿効果とともに育毛剤にとろみをつけることができます。
高分子化合物(合成ポリマー)の一種です。
参考:https://books.google.co.jp/books?id=fvWiyi6PMsYC&pg=PA85&lpg=PA85&dq=peg-8+%E6%88%90%E5%88%86&source=bl&ots=kSFUPBe9bM&sig=EOMROMd22PSNAXUjMzqtwxoH2BY&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjZ6JSa-ebSAhVGVrwKHTV3A8c4ChDoAQhUMAk#v=onepage&q=peg-8%20%E6%88%90%E5%88%86&f=false
PG酸化プロピレンから化学合成された多価アルコールです。保湿効果があるので、乾燥から肌を守る製品に配合されています。物質を溶かしやすい性質を持っているので、溶解補助剤としても使われています。
プロピレングリコールとも呼ばれています。
POEオレイルエーテルノニオン(非イオン)界面活性剤です。化粧品成分ガイド第6版には掲載されていなかったため、Cosmetic-Infoを探してみたところ、下記ページが該当しました。
Https://www.cosmetic-info.jp/mate/result.php?jqic_id=1810
原料を作っている会社、そして種類が多いため、特定は難しいかと思います。 配合目的としては、乳化剤や可溶化剤のようです。
POE硬化ヒマシ油水添ヒマシ油に酸化エチレンを付加重合したものです。乳化効果や可溶化効果がある非イオン界面活性剤です。
乳化剤の目的で配合されています。
香料製品に香りをつけるために配合する微量成分を総称している名称です。
エッセンシャルオイルや合成香料を混合して香りを作っている場合、すべてまとめて「香料」として表記されます。
製品に香りをつける目的で配合されています。

(表:デルメッドヘアエッセンスのその他の成分の由来と効果一覧)

【初回半額】デルメッドヘアエッセンスお試しキャンペーンはこちら

デルメッドヘアエッセンスについては、こんな記事も書いています。
デルメッドヘアエッセンスをAmazonや楽天より安くお得に買う方法
デルメッドヘアエッセンス、私の体験レビュー
デルメッドヘアエッセンスの口コミ・評判を分析した結果…

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*