秋の抜け毛は育毛剤で頭皮の乾燥を防ぐのが効果的

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋の抜け毛対策に育毛剤

毎年、私が欠かさずしている秋の抜け毛対策を紹介します。
ますます乾燥していくなかで頭皮に潤いを、、、、、、
そのためには育毛剤と栄養補給が欠かせないです。

秋の抜け毛は夏の紫外線ダメージが原因

そもそも、なぜ秋の抜け毛が起こるかと言うと、夏に浴びた強い強い紫外線が原因。
頭皮に紫外線を浴びると、頭皮の健康を保つ皮脂や常在菌(マラセチア菌)のバランスが崩れてしまうんです。

頭皮の健康バランスが崩れると、頭皮のターンオーバーが早まり、バリア機能が低下。
乾燥が起きやすくなり、外からの刺激をもっと受けやすくなり、抜け毛が起きやすい頭皮環境を作り出してしまうそうです。

秋の時点で抜け毛が起きるぐらい乾燥がひどくなってしまうのに、冬が来たらもう大変!
冬は湿度が低いので、今より頭皮も乾燥し、もっと抜け毛ががひどくなってしまいます。

だからこそ、今すぐに秋の抜け毛対策が必要なんです。

秋の抜け毛には、保湿を重視で育毛剤を選ぶ

秋の抜け毛には、紫外線による乾燥を食い止めるため、頭皮を保湿することがが最重要!
それには、手軽に頭皮の保湿ケアができる育毛剤がぴったりです。

そこで、私が毎日使っている育毛剤の他、次に使いたくてうずうずしている保湿成分重視の育毛剤をご紹介します。

ベルタ育毛剤 - 保湿美容成分たっぷり

まずは私が毎日使っている育毛剤、ベルタ育毛剤を紹介しますね!
ベルタ育毛剤は、女性用育毛剤の中でも他に類を見ないぐらい、保湿美容成分がたくさん配合されているんです。

中でも注目の保湿美容成分は、ヒアルロン酸、プラセンタ、コラーゲン、馬油。
この4つの保湿美容成分がすべて入っている育毛剤は、ベルタ育毛剤以外見たことがありません!

しっかり頭皮を保湿してくれるのに全くべたつかず、髪の根元もサラサラ。そしてふんわり。
使い方も、1日1回の使用でOKです。
育毛剤ってだいたい1日2回、朝晩使わなければいけないけど、朝の忙しい時間に使う必要がないのも評価高いポイントです♪
ベルタ育毛剤の商品詳細はこちら

CA101 - 育毛剤では珍しいセラミド配合

次に紹介するのは CA101という育毛剤。
ベルタ育毛剤にはかないませんがプラセンタ、ヒアルロン酸、セラミド2と言った保湿美容成分が入っています。

セラミド2は肌に元々ある保湿成分で、頭皮の水分が逃げないよう、守ってくれる効果が期待できます。
ディセンシアやエトヴォスなど、スキンケア化粧品には多く配合されているセラミド2。
しかし、育毛剤でセラミド2が入っているのは、CA101以外ほぼないに等しく、かなり珍しいです。

CA101はパッケージのデザインが可愛いのも 買いたくなる理由の一つ。
ダスティグリーンのボトルは、 化粧品と共にドレッサーに置くととても可愛くて、目に入るたびウキウキして口元が緩んでしまいそうです。
香りも良いと評判なので、日々の疲れた心を癒してくれるアイテムとしても重宝しそう♪
CA101の商品詳細はこちら

ハリモア - 保湿成分は植物・海藻由来のみ!

3つ目はハリモアという育毛剤。
ベルタ育毛剤やCA101とは違い、動物由来の保湿成分は一切使っていません。
使っているのは、ホホバオイルや椿オイル、海藻エキスなど植物・海藻由来の保湿成分のみ。

植物系オイルを配合しているならちょっとはべたつくのかな…と思って口コミを調べてみたけれど、全くべたつかず、 頭皮をしっとり保湿してくれるようなので期待大。
保湿成分はほぼナノ化されているので、ダメージを受けた頭皮への浸透がより期待できると思います。

ハリモアのパッケージは、 茶色の落ち着いたデザイン。
30代後半か40代向けのデザインと思えるけど、オバジのダーマパワーXシリーズなど、 ベージュや黒色の化粧品と並べるとよく馴染みます。
ハリモアの商品詳細はこちら

食欲の秋に摂りたい育毛剤の効果を高める栄養素

秋の抜け毛対策、育毛剤で外から頭皮を保湿したらOK?
いえいえ、身体の内側からの対策も欠かせません。

栄養素を意識した対策をすることで、育毛剤の効果を高めることにもつながります。
食欲の秋だからこそ、栄養面を意識して、賢く手軽に対策していきましょう!
ビタミンなどの一部の栄養素は、サプリで補うことも可能ですよ♪

ダイエットなどで栄養不足になっていると髪痩せ

女性でよくありがちなのが、「油 = 太る」というイメージから油物を避けてダイエットをすること。
それによって不足するのはお肉、つまりタンパク質です。

ダイエットしていなくても、仕事が忙しかったりするとパンやパスタなど簡単に食べられる炭水化物がメインになること、よくありますよね。
そうなると、必然的にたんぱく質が不足してしまいます。

髪はケラチンというたんぱく質が主成分。
油物(肉)を避けてダイエットをすればするほど、パン屋パスタ炭水化物をとればとるほど、タンパク質が不足。
髪にツヤがなくなったり、抜けたりしてしまいます。
ちなみに、美肌に欠かせないヒアルロン酸コラーゲンなどもタンパク質できています。

ビタミンB群の不足

2つ目の栄養素はビタミンB群。
特に、B1・B2(リボフラビン)・パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)・B6(ピリドキシン)・B12(コバラミン)と言う5つのビタミンBは、体内でタンパク質を作るために必須と言われています。
ちなみに、ビタミンは体内で作ることができない栄養素のことを言います。

ビタミンB群は水溶性で、摂取しても体からすぐに出て行ってしまう、私たちには何とも不便な特長があります。
そのため、毎日摂取することが大切なんです。

ちなみに、ビタミンBはストレス・喫煙・飲酒で不足することが多いです。
それらに該当する女性はより意識して取ることをおすすめします。

鉄分不足

3つ目の栄養素は鉄分です。

髪は毛母細胞が分裂することで、成長し伸びていくと言われています。
しかし、鉄分が不足すると血液が毛母細胞まで酸素を送れず、酸素不足の状態に。
酸素不足になった毛母細胞は細胞分裂ができなくなるので、髪が伸びなくなり、ヘアサイクルが乱れ、抜け毛となってしまいます…。
医学誌では、「脱毛が起きている人ほど鉄分が不足している」なんて論文も載っているんですって。

特に女性は鉄分が不足しやすいので、より意識が必要。
と言うのも、女性は「隠れ貧血」と言うものになっていることがかなり多いんだそうです。
「隠れ」と言うだけあって、通常の貧血とは違い、健康診断の結果では分からないんですって。

健康診断では問題ないのに、なんとなく身体が怠い、疲れやすいと言った症状がある場合は、要注意。
血液中のフェリチンと言う成分の数値低下が、その症状を引き起こしている場合があります。
抜け毛をこれ以上増やさないためにも、できるだけ早く、血液内科などで血液中のフェリチン量を計ってもらうことをおすすめします。

亜鉛不足

4つ目の栄養素は、亜鉛です。
亜鉛は、毛母細胞など、細胞分裂が活発な場所に多く存在しているんですって。
また、ビタミンB群と同様にタンパク質の合成に欠かせない成分。
髪にも肌にも必要不可欠ですね。

亜鉛が不足すると毛母細胞の細胞分裂が上手くいかなくなり、抜け毛が増えてしまいます。
他にも、枝毛や髪の色が変わる、なんて症状もあるそう。
髪を一生懸命ケアしているのに枝毛がなくならない、なんて女性も、亜鉛が不足しているかもしれません。

栄養を簡単にとれるものは?

体の内側からの秋の抜け毛対策、上では4つの栄養素をご紹介しました。

タンパク質はお肉やお豆腐、卵などを積極的に摂ることを意識してみると良いと思います。
炭水化物よりも、タンパク質!です。
コンビニご飯でも、ゆで卵を一つプラスする、おにぎりの代わりにお豆腐でできた麺にする、なんてところからでOKです♪

ビタミンB群や鉄分、亜鉛は、サプリメントが手軽でおすすめ。
ドラッグストアなどでも個々に安く購入できます。
ですが、値段が安いものは合成成分のため、吸収力まで考えられていないのが残念なところ…。
そうなると、いくら量を飲んでも髪と頭皮のために使われない可能性も。

吸収力まで考えるなら、天然由来の栄養素を配合したサプリメント!
特に、美的ヌーボプレミアムは私イチオシです。

妊活中~産後の女性に向けたサプリメントですが、年代問わず女性が不足してしまう28の栄養素がカバーできる内容になっています。
もちろん、育毛剤の効果を高めるビタミンB群や鉄分、亜鉛もバッチリ!

1000円以下で買えるお試しセットもあるので、育毛剤と共に始めてみてはいかがでしょう♪
美的ヌーボプレミアムのお試し用や商品詳細はこちら

ランキング参加中!良かったらクリックお願いします♪


育毛・発毛ランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*